さがみはら中央区版 掲載号:2019年10月3日号 エリアトップへ

市内小6須田煌大君 K-1アマ初Ⅴ&MVP 目標は「無敗の世界王者」

スポーツ

掲載号:2019年10月3日号

  • LINE
  • hatena
ベルトを巻き、トロフィー、賞状、楯を手にする煌大君=株式会社M─1スポーツメディア提供
ベルトを巻き、トロフィー、賞状、楯を手にする煌大君=株式会社M─1スポーツメディア提供

 田名塩田在住で、夢の丘小学校(南区)に通う須田煌大君(6年)=K─1ジム相模大野所属=が、9月に都内で行われた「第8回K─1アマチュア全日本大会〜アマチュア日本一決定オープントーナメント」に初出場し、キッズAクラス5─6年生重量級で西日本代表選手を3対0の判定で破り、優勝とMVPのW受賞を果たした。同部門で、市内ジムの所属選手が優勝するのは初めて。

 「K─1アマチュア」とは、K─1をより身近に、老若男女が安全に楽しめるスポーツとするために設立されたもので、同大会はプロの育成と競技の普及を目的に開催されている。キッズ(小学生)の部は選手の実績に応じ、顔面パンチなしのB、Cクラスと、顔面パンチありのAクラスの3つのカテゴリーに分けられている。

 煌大君は6月に行われた同大会の東日本予選トーナメントに出場。1分半の1ラウンドで勝敗が決まる中、千葉県の選手を3対0で下し、自身初の優勝と全日本大会への出場権を手にした。

 そして迎えた9月の日本一決定オープントーナメント。初めての全国の舞台にも、「あまり緊張はしなかった」と落ち着いた様子で話す煌大君。西日本代表選手を相手に、持ち前の重厚なパンチと蹴りが見事にはまり、3対0の判定で優勝を収めた。一瞬の隙も見せない圧巻の試合内容に、会場は大いに沸いた。

きっかけは父の一言

 煌大君がK─1を始めたのは小学4年生の春。もともと空手を習っていたが、元格闘家の父・須田大さん(52)の「間合いがK─1向きだ」という考えから、同ジムの門を叩いた。「間合い、蹴り方、パンチが自分にしっくりきた。指導者との相性も良かった」と当時を振り返る煌大君。体験後、すぐにK─1に転向。それからは、遊ぶ間も惜しみ週6回の練習と年7回の大会に明け暮れる日々を過ごす。5年生になると試合で結果を残すようになり、6年生への進級と同時に、最もレベルの高いAクラスへと昇級している。

「あくまで通過点」

 会場で試合を見守っていた大さんは、「日々レベルアップしているのを感じていた。よく頑張ったと思う」と煌大君を称えた。煌大君は結果について、「優勝は嬉しかったがこれは通過点」とあくまでステップとし、「できるだけ早くプロになり、世界大会でベルトを巻きたい。めざすは無敗チャンピオン」と、力強く将来の目標を語った。

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

さがみはら中央区版のトップニュース最新6

視線計測装置を本格導入

発達障害支援センター

視線計測装置を本格導入 社会

県内初 適切な療育に有効

11月14日号

握りずし 届け続けて50年

握りずし 届け続けて50年 社会

鮨商組合に県から感謝状

11月14日号

世界的名将、施設に太鼓判

市とJAXAが連携協定

ホーム最終節 勝利飾れず

ノジマステラ神奈川相模原

ホーム最終節 勝利飾れず スポーツ

サポーターに支援を感謝

10月31日号

消費者の発想 企業経営に

新サービス始動

消費者の発想 企業経営に 社会

オンラインで知恵を提供

10月31日号

台風19号、被害明らかに

台風19号、被害明らかに 社会

津久井地域の住民に聞く

10月24日号

相模原市のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

あっとほーむデスク

  • 11月14日0:00更新

  • 11月7日0:00更新

  • 10月31日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月14日号

お問い合わせ

外部リンク