さがみはら中央区版 掲載号:2019年10月17日号 エリアトップへ

和泉短期大学 ”和泉らしい”温かな学祭に

教育

掲載号:2019年10月17日号

  • LINE
  • hatena
手作りの作品を持つ実行委員メンバー
手作りの作品を持つ実行委員メンバー

 地元密着の大学ならではの「アットホームさ」が特色。手づくりの出し物が並ぶ趣向を凝らした「保育出店」や、学生が課題曲を披露する和泉伝統の「サウンドコンテスト」のほか、流行りのタピオカドリンクが楽しめる「模擬店」もあり、毎年地域の親子連れから高齢者まで幅広い世代でにぎわう。実行委員長の渡邊里菜さん(2年)は、「皆様に『来てよかった』と思って頂けるよう、最高のいずみ祭を作り上げます。ぜひ楽しんで頂ければ嬉しいです」と話す。

 今年のテーマは「いずみ祭、笑顔の花を咲かせな祭(さい)」。和泉短大らしく、笑顔あふれる温かな一日を届ける。

 保育出店は親子が楽しめる出し物をみんなで時間をかけて考え、子どもたちの安全にも配慮しました。私たちらしい手づくりの出し物をたくさん用意していますので、ぜひ全制覇してみてください。学生の方向けにミニオープンキャンパスもあります。

 また健康測定コーナーでは骨密度チェックやお肌のチェックが出来るので、ご年配の方にもおススメです。全世代を通じて楽しめるサウンドコンテストは、自分たちで衣装や歌を創意工夫して作り上げています。来て頂いた方と笑顔の学祭を一緒に作り上げたいです。ぜひ和泉の雰囲気を肌で感じてみてください!

相模原市のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

三遊亭小遊三さんインタビュー

三遊亭小遊三さんインタビュー 文化

5月、市民会館で名人会

2月27日号

ライズ、新ヘッド就任

ライズ、新ヘッド就任 スポーツ

須永氏に替わり城ヶ滝氏

2月27日号

ヤマハに69失点で完敗

三菱重工

ヤマハに69失点で完敗 スポーツ

ウィングに最多トライ許す

2月27日号

児童の安全 地域で見守る

児童の安全 地域で見守る 社会

田名小安全ボランティア

2月27日号

夢と思い出、ケーキに描く

夢と思い出、ケーキに描く 教育

淵東小6年生が制作

2月27日号

「SCの事 もっと知って」

「SCの事 もっと知って」 社会

児童主体でPR動画制作

2月27日号

地域連合が災害支援

地域連合が災害支援 政治

市に100万円を寄付

2月27日号

あっとほーむデスク

  • 2月27日0:00更新

  • 2月20日0:00更新 スポーツ

  • 2月13日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月27日号

お問い合わせ

外部リンク