さがみはら中央区版 掲載号:2019年10月24日号 エリアトップへ

ライズ 悪夢の開幕5連敗 「最後まで全力」誓う

スポーツ

掲載号:2019年10月24日号

  • LINE
  • hatena
試合終了のホイッスルの後、立ち尽くすライズ選手=20日、相模原ギオンスタジアム
試合終了のホイッスルの後、立ち尽くすライズ選手=20日、相模原ギオンスタジアム

 アメリカンフットボールリーグの日本最高峰・Xリーグ所属のノジマ相模原ライズは20日、相模原ギオンスタジアムで東京ガスクリエイターズを迎えて今季唯一のホーム戦を行い、10対15で敗れ開幕5連敗を喫した。

 ホーム戦で今季初の勝利を来場した1000人を超えるファンに贈りたいライズだったが、主戦のQB(クォーターバック)ジミー・ロックレイを途中で欠く苦しい展開を強いられる。第1Q(クォーター)はK/P(キッカー&パンター)鈴木健太のFG(フィールドゴール)で先制するもすぐにFGで追いつかれ、その後、相手QBのパスからTD(タッチダウン)を奪われリードを許す。後半はロックレイに代わりQBを務めた小林貴紀からのパスからRB(ランニングバック)宮幸崇がTDを決め、10対13と追い上げたが、小林のパスがインターセプトされる痛恨のミスが相次ぐなど流れを引き寄せられず、無情の終戦。歓喜の相手を前にライズ選手は呆然とした表情を見せた。

 試合後、主将の伊倉良太はファンに「ライズらしいフットボールは何かを考え直してやり直す。応援をお願いします」とマイクで叫び悔しさをにじませた。須永恭通ヘッドコーチは声を絞り出し、「自滅。精神面含め選手の状態を上げられるように改善したい」と話した。

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

県主催表彰に市内4団体

県主催表彰に市内4団体 社会

エコ活動の推進を評価

4月2日号

スポーツ界にも影響

スポーツ界にも影響 スポーツ

リーグ戦中止や延期に

4月2日号

休止期間13日まで延長

無錫(むしゃく)市から医療物資支援

無錫(むしゃく)市から医療物資支援 社会

マスク2万枚に防護服

4月2日号

木もれびの森マップ完成

木もれびの森マップ完成 社会

NPOと女子美が連携

4月2日号

風っ子砦がリニューアル

風っ子砦がリニューアル 社会

淵野辺公園樹林広場

4月2日号

相模原市のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 3月26日0:00更新

  • 3月12日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月2日号

お問い合わせ

外部リンク