さがみはら中央区版 掲載号:2019年12月12日号 エリアトップへ

ノジマステラ 優勝目指すも7位 野田体制は1年で幕

スポーツ

掲載号:2019年12月12日号

  • LINE
  • hatena
攻撃陣の軸となったMF中野
攻撃陣の軸となったMF中野

 2012年のチーム発足から7季にわたり指揮をとった菅野将晃監督に代わり、野田朱美監督が就任したノジマ。なでしこリーグ1部3年目、満を持して優勝を目指し始動したが、10チーム中、7位と昨季の3位から大きく順位を落とした。

 新たに加入した選手は9人。その中でも1部リーグの経験が豊富なDF櫻本尚子、MF中野真奈美は攻守の軸となり、ノジマの屋台骨を支えた。櫻本は公式戦全試合に先発、中野はチームトップのリーグ戦6ゴールをあげたほか、自慢の左足から多くのチャンスを生み出した。新卒組では日本代表選出経験もあるDF大賀理紗子が開幕から先発に定着。そのほか、MF佐々木美和、平田ひかりはドリブルやスピードといった個性でチームを助けた。

 リーグ戦は18試合で6勝1分11敗。野田監督が掲げた「11人全員が攻守に連動するサッカー」が見られる場面もあったが、結果が伴わない試合が多く、浮上のきっかけをつかめなかった。リーグと並行して開催された「なでしこリーグカップ」では初の決勝トーナメント進出を果たしたが、準決勝でINAC神戸レオネッサに1対2で惜敗。11月からの「皇后杯」では準々決勝まで駒を進めるも、またも神戸相手に涙をのんだ。

 15年から主力だったMF田中陽子が6月に、下部組織から初めてトップチームに昇格したMF田中里穂が8月に、それぞれスペインと山梨に新天地を求めた。11月末には野田監督が今季限りで退くことが発表された。12月9日現在、後任は未定となっている。

MF松原に期待

 大卒2年目のMF松原有沙は、調子を落とした時期もあり6月のワールドカップ出場は逃したが、年間を通して女子日本代表に選出された。中盤での守備、思い切りのよい攻撃参加やキックの精度は国内随一。来季は東京五輪を控え、更なる活躍が期待される。

相模原市のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

男女共同参画を考える

男女共同参画を考える 社会

2月11日 「サーラまつり」

1月23日号

「相模原代表」を誇りに

13年ぶりトップリーグ

「相模原代表」を誇りに スポーツ

HCとキャプテンに聞く

1月23日号

ラグビーを体験しよう

「糖尿病」を防ぐには

「糖尿病」を防ぐには 社会

2月1日 協同病院の講座

1月23日号

メイプルビルでフリマ

メイプルビルでフリマ 文化

1月26日 10時から

1月23日号

「世界が見たい相模原」とは

「世界が見たい相模原」とは 社会

1月29日 サン・エールで

1月16日号

課題解消に全力を

課題解消に全力を 経済

相模原商工会議所

1月16日号

レクサス相模原

認定中古車も常時展示中

https://lexus.jp

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月23日0:00更新

  • 1月16日0:00更新

  • 1月9日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月23日号

お問い合わせ

外部リンク