さがみはら中央区版 掲載号:2020年2月13日号 エリアトップへ

競泳個人メドレーで1年生ながら高校総体2冠、国体優勝など目覚ましい活躍を見せる 小方 颯(そう)さん 緑区東橋本在住 16歳

掲載号:2020年2月13日号

  • LINE
  • hatena

夢はキングオブスイマー

 ○…4月1日から始まる日本選手権。文字通り日本一のスイマー決定戦だが、今年はその意味合いが一味も二味も違う。五輪代表選考会―。ここで派遣標準記録を突破した上位2人が「東京」行の切符を得る。自己ベストでは現在8番手。加えて自身の種目はすでに一人内定者がおり、残る1枠をめぐる壮絶な戦いが待ち受ける。だが、「選考は一発勝負。何が起こるかわからない。そこで強い人が五輪に行ける。緊張に負けないで楽しみたい」と臆さない。

 ○…旭小学校、旭中学出身。親のすすめで5歳頃から水泳を始めると才能が開花し飛び級で選手コースに。当時から個人メドレーを主に学年ごとの県大会では無双。ところが小6年時に初黒星を喫する。一時は「水泳が嫌」と沈んだが、そこは生来の負けず嫌い。「足りないものがあるから負けた」と発奮し中学では全国で活躍。昨夏、高校1年で総体2冠。秋の国体も躍動した。「あの負けがなかったらずっと調子にのっていたと思う」

 ○…朝6時に起き横浜の高校へ。放課後は毎日練習、帰宅は夜の10時。月曜だけは体を休める。こと水泳に関しては探求心の塊で、世界のトップ選手を観察しては泳ぎに生かす。「水泳が好きなのですごく研究する。細かいところにも気づく」と嬉々とする一方、「これが勉強にも向けられたらな」と小さく息を漏らして十代の顔がちらり。

 ○…2月15日からのコナミオープン水泳競技大会で、あと2秒と迫る400mの派遣記録を切るのが目下の目標。冬場の合宿は順調にこなし、「水泳人生で今が一番調子が良い」と頼もしい。4泳法の総合力が問われる個人メドレー。「五輪の覇者は”キングオブスイマー”。目指したい」。人一倍の水泳愛が夢を現実に近づける。

さがみはら中央区版の人物風土記最新6

大山 孝さん

清新地区スポーツ推進委員として文部科学大臣表彰を受けた

大山 孝さん

清新在住 67歳

2月20日号

五明(ごみょう) 宏人さん

2019年12月に行われた第47回全日本空手道選手権大会・男子組手個人戦で優勝した

五明(ごみょう) 宏人さん

緑区橋本在住 24歳

2月6日号

牧瀬 稔さん

「シビックプライドの推進に関する検討委員会」の委員長を務める

牧瀬 稔さん

緑区橋本在住 45歳

1月30日号

倉木 健治さん

ローイングチーム「湖猿(こざる)」の代表として東京パラ代表候補を指導する

倉木 健治さん

愛川町在住 37歳

1月23日号

糸賀 英恵(はなえ)さん

平塚市美術館で「糸賀英恵展―うつろいのかたち」を開催している

糸賀 英恵(はなえ)さん

上溝在住 41歳

1月16日号

市川 雄士さん

公益社団法人相模原青年会議所(相模原JC)2020年度の新理事長に就任した

市川 雄士さん

緑区在住 36歳

1月9日号

あっとほーむデスク

  • 2月20日0:00更新 スポーツ

  • 2月13日0:00更新

  • 2月6日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク