さがみはら中央区版 掲載号:2020年4月9日号 エリアトップへ

「そばで支えて生きたい」 パートナーシップ第1号

社会

掲載号:2020年4月9日号

  • LINE
  • hatena
パートナーシップ宣誓制度の申請に訪れたカップル(左側)。3日までで3件の申請があったという
パートナーシップ宣誓制度の申請に訪れたカップル(左側)。3日までで3件の申請があったという

 相模原市内在住の女性同士のカップルが4月1日、性的少数者(LGBTなど)を公的に認める「相模原市パートナーシップ宣誓制度」の第1号として宣誓を行い、受領証などを受け取った。

 自分らしい生き方を後押しするとともに、性の多様性への社会的理解を促進させるため、4月1日から始まった同制度。婚姻のような法的な効力はないが、今まで家族に限られていた市営住宅の入居者資格などが認められることになった。2人は「効力は市の範囲を出ずまだまだ弱いし、市民の認知度も低い。だけど(受領証など)形として残るものが欲しかった。市やメディアの広報で性的マイノリティへの理解が深まってほしい」と思いを語った。

 Aさん(29)とEさん(28)は、3年ほど付き合っている女性同士のカップル。Aさんには精神的な持病があり、かつて市内の病院に運ばれたことがあった。しかしEさんは病状説明の立会人として認められず、横須賀に住むAさんの祖母(75)を3時間かけて呼び寄せた。「自分が対応できたら。生活上のパートナーであるという公的な証を得て、そばで支えて生きたいと思った」という。Aさんは「自分たちが宣誓することが、誰かの後押しになってほしい。性について悩んでいる若い人へは、決して一人じゃないということを伝えたい」と話している。

 市人権・男女共同参画課の担当者は「受領証の提示によって当事者への対応が配慮されるよう、市営住宅だけでなく病院や不動産関係などの民間企業への働きかけを進めていきたい」とコメントを寄せた。
 

交付された受領証と受領カード
交付された受領証と受領カード

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

永田屋が市と社協に寄付

永田屋が市と社協に寄付 社会

「地域医療に貢献を」

5月21日号

造園協同組合が寄付

造園協同組合が寄付 社会

新型コロナ対策へ支援

5月21日号

食事券事前購入で支援

食事券事前購入で支援 経済

あす、クラファン開設

5月21日号

SC相模原がマスク寄贈

SC相模原がマスク寄贈 社会

市に2500枚

5月21日号

ほねごり、マスク寄贈

ほねごり、マスク寄贈 社会

市へ3万枚

5月21日号

選手が大凧まつりを紹介

【Web限定記事】ノジマステラ神奈川相模原

選手が大凧まつりを紹介 文化

歴史など学ぶ動画制作

5月21日号

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 5月21日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

  • 5月8日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年5月21日号

お問い合わせ

外部リンク