さがみはら中央区版 掲載号:2020年7月2日号 エリアトップへ

火災保険詐欺 相談が急増 この2カ月で30件

社会

掲載号:2020年7月2日号

  • LINE
  • hatena

 商品やサービスに関する相談を受け付けている相模原市消費生活総合センター(中央区相模原)では、火災保険詐欺の相談件数がこの約2カ月間で急増していることに対して、注意を呼び掛けている。

 火災保険詐欺とは、「加入している火災保険で屋根の修理費がまかなえる」などと謳って住宅の工事契約を取り付け、当初取り決めていなかった保険代行手数料などを強要すること。

 周囲の目が届きにくい一人暮らしの高齢者などが狙われやすいが、この詐欺に関する相談が同センターに相次いでおり、今年4月から6月中旬までの約2カ月間で、昨年度の相談件数30件に並んだという。

相模原がターゲットか

 同センター担当者は急増した原因について、「相談内容はプライバシーの観点から答えることができないが、同様の業者からの勧誘が多いことから、相模原エリアが現在狙われており、各家庭に勧誘が増えているのでは」と推測する。

 同センターでは一例として、女性の一人暮らし宅に男性業者が一人で訪れ、勧誘を拒否すると仲間を呼び、複数人で断れない状況を作り契約を迫るケースなどを挙げている。担当者は「一人一人が警戒を怠らないことに加え、周囲の高齢者への普段以上の見守りをお願いいたします」と呼び掛ける。

 火災保険詐欺に関する相談は、同センター【電話】042・776・2511へ(午前9時〜午後4時、土日祝は正午〜午後1時まで休み)。
 

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

老若男女にぎわう風物詩

SC、京都に敗戦

サッカーJ2

SC、京都に敗戦 スポーツ

ユーリが得点も届かず

10月14日号

地域の鎮守 村富神社

矢部を見守り348年

地域の鎮守 村富神社 文化

10月14日号

農業体験「大きく育ったね」

農業体験「大きく育ったね」 文化

ビレッジ若あゆで稲刈り

10月14日号

「4R」で循環型社会へ

「4R」で循環型社会へ 社会

10月末までキャンペーン

10月14日号

ライズ、開幕から3連敗

ライズ、開幕から3連敗 スポーツ

オービックを前に沈む

10月14日号

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 10月7日0:00更新

  • 9月30日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook