さがみはら中央区版 掲載号:2020年7月2日号 エリアトップへ

「子どもと若者のために」 市教職員組合が寄付

社会

掲載号:2020年7月2日号

  • LINE
  • hatena
感謝状を受け取った木村執行委員長(右)と本村市長
感謝状を受け取った木村執行委員長(右)と本村市長

 市内の小中学校に勤務する教職員で構成される相模原市教職員組合(木村徳泰執行委員長)は6月24日、「相模原市子ども・若者未来基金」へ30万円を寄付した。

 同基金は子ども・若者が健やかに成長し、誰もが家庭環境に左右されず活躍できる社会を実現するために創設され、主に子どもの貧困対策や学力保障のほか、子育て支援や若者の自立支援などの事業に活用。市内外の企業や、個人などからの寄付で資金を集め、運用されている。

 24日には木村執行委員長と早坂淳史書記長、市からは本村賢太郎市長らが出席。木村執行委員長から本村市長に寄付の目録が手渡された。木村執行委員長は「子どもや若者への支援に使って欲しい」と要望を伝えた。

 本村市長からは感謝状が贈呈され、「新型コロナ感染症の影響による支援で、基金を大分減らしてしまった。未来ある子どもたちの支援へ使わせてもらう」と謝意を表した。基金を運用する市こども・若者政策課の担当者は今後の使い道について、「相模原市独自に実施している、高校生向けの奨学金に多くを充当させて頂く」としている。
 

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

老若男女にぎわう風物詩

SC、京都に敗戦

サッカーJ2

SC、京都に敗戦 スポーツ

ユーリが得点も届かず

10月14日号

地域の鎮守 村富神社

矢部を見守り348年

地域の鎮守 村富神社 文化

10月14日号

農業体験「大きく育ったね」

農業体験「大きく育ったね」 文化

ビレッジ若あゆで稲刈り

10月14日号

「4R」で循環型社会へ

「4R」で循環型社会へ 社会

10月末までキャンペーン

10月14日号

ライズ、開幕から3連敗

ライズ、開幕から3連敗 スポーツ

オービックを前に沈む

10月14日号

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 10月7日0:00更新

  • 9月30日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook