さがみはら中央区版 掲載号:2020年7月9日号 エリアトップへ

相模原市 広がる「食の学生支援」の輪 民間の協力受け事業継続

社会

掲載号:2020年7月9日号

  • LINE
  • hatena
地元野菜を選ぶ大学生(上)/同所で展開されたSDGsブース
地元野菜を選ぶ大学生(上)/同所で展開されたSDGsブース

 新型コロナウイルス感染症の影響により経済的に打撃を受けた学生をはじめ、困窮する大学生への支援を手厚くする必要性があることから、相模原市は7月から食材の配布を行う「さがみはら大学生等未来応援事業」を継続的に実施していくことになった。事業開始日となった4日には、多くの大学生が集まり、ニーズの高さをうかがわせた。

 同事業は新型コロナの影響により、アルバイト先が休業するなどして経済状況が悪化した大学生を支援するために、6月末まで行われた食材配布イベントが前身。訪れた大学生から事業の継続を望む声が多数あがり、困窮する大学生の食の支援の需要を把握したため、来年3月末まで期間の延長を決定。若者を応援することを目的に事業を立ち上げた。

 事業の開始日の4日には、開始前から多くの大学生が行列をつくった。食材は市内団体、企業から寄付された野菜やインスタント食品など約30種類。大学生らは欲しい食材を5つ選び、持参した鞄に詰めて持ち帰った。

 女子美術大学に通う古川和希さんは「一人暮らしなので必要な物を貰えて助かる」と笑顔を見せた。古川さんは老人ホームでアルバイトをしていたが新型コロナの影響により施設自体に立ち入ることができず、現在もバイトへ復帰の目途が立っていない。同事業について「生活の不安があったが、支援したいという人がこんなに大勢いることが分かり嬉しかった。他の地域に広がって欲しい」と期待を寄せた。

SDGsブースも展開

 同事業はSDGs(持続可能な開発目標)の推進も目的としており、事業を通して大学生に「飢餓を無くそう」などのコンセプトの理解も求める。同日には有志団体「さがまちSDGsファウンデーション」が市と共同でブースを出展。SDGsにちなんだ願い事を短冊に書いてもらう啓発活動のほか、あわせてパンをプレゼントする食材支援も行った。市は今後も趣旨に賛同した企業などと連携し様々な取り組みを広げていく予定。

 食材配布は今後毎月第1、3土曜日に青少年学習センターで開催。午前10時から午後6時まで。追加の食材配布がある場合は、同センターのLINEで告知される。問合せは市こども・若者支援課【電話】042・769・8289へ。
 

さがみはら中央区版のトップニュース最新6

最高賞に田名小PTA

SDGsアワード

最高賞に田名小PTA 社会

市内JCと市、協働で開催

10月28日号

5位入賞 「地元に恩返しを」

五輪飛び込み坂井丞選手

5位入賞 「地元に恩返しを」 スポーツ

競技生活は「一区切り」

10月28日号

田名に住民交流の新拠点

田名に住民交流の新拠点 文化

ボラセン併設で支援厚く

10月21日号

投票所でコロナ対策徹底

衆院選

投票所でコロナ対策徹底 社会

市選管「できるだけ分散を」

10月21日号

巨人から4位指名

プロ野球ドラフト会議 東海大相模石田隼都投手

巨人から4位指名 スポーツ

10月21日号

自民立民、一騎打ちの様相

自民立民、一騎打ちの様相 政治

衆院選 神奈川14区

10月14日号

あっとほーむデスク

  • 10月28日0:00更新

  • 10月21日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  •  縄文世界を見に行こう!

    相模原市立博物館レポvol.23文化財×博物館×図書館×旧石器ハテナ館連携事業

     縄文世界を見に行こう!

    「世界遺産じゃないけど相模原にもある縄文遺跡群」博物館考古担当学芸員 河本雅人・長澤有史

    10月21日号

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook