さがみはら中央区版 掲載号:2020年7月23日号 エリアトップへ

「戦う姿、後輩に見せる」 昨夏4強 相模原高校

教育

掲載号:2020年7月23日号

  • LINE
  • hatena
壮行会で行進する濱口主将=18日、相模原高校
壮行会で行進する濱口主将=18日、相模原高校

 神奈川の「四天王」と定め、打倒を目指してきた東海大相模・横浜・桐光学園・慶應。その一角である横浜を撃破し、4強に名乗りを上げた昨夏の躍進は記憶に新しい。

 コロナ禍は春季大会に向け佐相眞澄監督(61)がメンバーを選ぼうとした矢先のことだった。3月から部活動は休止。練習は個々に委ねられた。「まだ可能性はある。甲子園を諦めるな」。佐相監督は選手たちに言い続けた。しかし、無情にも夢の舞台は、挑戦する道すら閉ざされた。

 「さあここから、という時に止まった。落胆はあった」と濱口優太郎主将(3年)は振り返る。しかし、選手たちは代替大会の可能性を信じた。集まれない期間は会議アプリ「Zoom」などを駆使してオンラインで意思疎通を図った。個々で練習に励み、その内容や目標は「LINE」で共有。切磋琢磨しあった。

 「自分たちは『甲子園一勝』を目標に掲げてきた。それが無くなった」。ならば、これからの目標をどうするのか。濱口主将を中心に選手らは話し合った。そして出した答えは、「ブレないでいこう」。「自分たちは『甲子園一勝』という目標を果たせなくても、後輩に戦う姿を見せることで伝えられることがある」。目標を叶える場は失ったが、それを目指した自分たちの背中を後輩に見せることはできる。選手のモチベーションが下がることはなかった。

 同校は県内屈指の進学校としても知られる。佐相監督はオンライン会議で3年生に、「代替大会の可能性はありそうだが、引退して進学に切り替えてもいい」と投げかけたことがあった。濱口主将は答えた。「皆、気持ちは決まっています。全員で参加します」

 「今、チームは一致団結している。束になって良い雰囲気で向かえる。一つひとつ目の前の勝ちにこだわり、その延長で優勝できれば」と大会へ向け濱口主将は意気込む。佐相監督は「やってみないとわからない」と練習不足への不安を見せる一方、「夏本番に強いのがうちの良さ」と、自主性に委ね信じた選手の成長に期待を隠さない。
 

相模原市のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

麻溝台に残る「満州の悲劇」

戦後75年

麻溝台に残る「満州の悲劇」 社会

加藤長治さんの残した歌碑

8月13日号

グッズ購入で花火を支援

グッズ購入で花火を支援 文化

サガミックスなどで販売

8月13日号

車いすを無料貸出

車いすを無料貸出 社会

田名の福祉施設が奉仕

8月13日号

遺言書の「保管制度」とは?

遺言書の「保管制度」とは? 社会

市内行政書士に聞く

8月13日号

平和は行動で「築く」もの

平和は行動で「築く」もの 社会

中央区中央在住八木 雄典さん(90)

8月13日号

市の実施行事年内中止へ

市の実施行事年内中止へ 社会

感染状況で変更も

8月13日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 県政の課題を問う

    県政報告Vol.44

    県政の課題を問う

    自民党県議会議員 河本(かわもと)文雄(ふみお)

    8月6日号

あっとほーむデスク

  • 8月13日0:00更新

  • 8月6日0:00更新

  • 7月30日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年8月13日号

お問い合わせ

外部リンク