さがみはら中央区版 掲載号:2020年9月24日号 エリアトップへ

先ごろ発足した「JAXA宇宙科学研究所と夢を創る会」の発起人代表を務める 茅 明夫さん 淵野辺在住 70歳

掲載号:2020年9月24日号

  • LINE
  • hatena

「はやぶさが景色を変えた」

 ○…地域住民がJAXAとの交流をさらに深め、応援する気持ちを表現できる場の創設を目的に、「JAXA宇宙科学研究所と夢を創る会」の設立に尽力し、発起人の代表に。これまでにも設立への機運はあったが、昨年暮れにJAXAの教授から期待の声を受けたのが後押しとなった。

 ○…約30年前、淵野辺のまちづくりを行政と模索する中、1989年にJAXA相模原キャンパスが開設。これを機に当時の淵野辺駅北口の商店街・淵野辺商店連合会が「銀河をかけるまちふちのべ」を掲げ、通りに冬の星座を名付けるなど宇宙をテーマにまちづくりを展開した。その中で2010年、全国で小惑星探査機はやぶさの感動の地球帰還により全国で「はやぶさブーム」に。乗りかかる形で、はやぶさグルメやグッズのPRに成功した淵野辺はメディアから「宇宙に一番近い町」として取り上げられ、その名を轟かせた。「はやぶさが景色を変えた。この10年の淵野辺はすごく面白かった」と感慨深く振り返る。

 ○…生まれも育ちも淵野辺。淵野辺小、大野北中、厚木高校から中央大学理工学部へ。人間工学を専攻しその道を志すも父親が病に伏したため、家業を継いだ。家族は妻、長男、長女に孫が1人。孫には1カ月に1度しか会えないが、携帯の待ち受け画面にし、その日を心待ちにしている。

 ○…さまざまなイベントの火付け役だが、「面白がって一緒に取り組んでくれた人たちのおかげ」と感謝を忘れない。会の初ミッションははやぶさ2帰還の盛り上げ。パブリックビューイングの開催など、地域を、住民を巻き込んだ催しに想像をめぐらせると、「今後10年も楽しみだな」とニヤリ。宇宙を通じた、まちづくりへのアイデアは無限に広がっている。
 

さがみはら中央区版の人物風土記最新6

石井 茂さん

2020年度の消防庁長官表彰を受けた

石井 茂さん

東淵野辺在住 59歳

10月22日号

関口 晃嗣(こうじ)さん

相模原市消防局南消防署長を務める

関口 晃嗣(こうじ)さん

田名在住 59歳

10月15日号

木口 真治さん

神奈川県 県央地域県政総合センターの所長に就任した

木口 真治さん

相模原市出身 56歳

10月8日号

萩原 真澄さん

神奈川県畳工業協同組合相模原支部の支部長についた

萩原 真澄さん

高根在住 57歳

10月1日号

茅 明夫さん

先ごろ発足した「JAXA宇宙科学研究所と夢を創る会」の発起人代表を務める

茅 明夫さん

淵野辺在住 70歳

9月24日号

清水 謙二さん

今月、設立30周年目に入った「相模原市ゴルフ協会」の会長を務める

清水 謙二さん

上溝在住 79歳

9月17日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 県政の課題を問う

    県政報告Vol.45

    県政の課題を問う

    自民党県議会議員 河本 文雄(かわもと ふみお)

    10月22日号

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月15日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク