さがみはら中央区版 掲載号:2020年11月12日号 エリアトップへ

ボクサー中谷選手 相模原から世界王者誕生 「応援活力に」 有言実行

スポーツ

掲載号:2020年11月12日号

  • LINE
  • hatena
レフェリーからトロフィーを受け取る中谷=6日、後楽園ホール
レフェリーからトロフィーを受け取る中谷=6日、後楽園ホール

 ボクシングWBO世界フライ級王座決定戦が6日、東京・後楽園ホールで行われ、緑区大島在住で同級3位の中谷潤人(22)=M.Tボクシングジム=が、同級1位のジーメル・マグラモ(フィリピン)に8回2分10秒、KO勝ちを収め、念願の世界チャンピオンに輝いた。

 コロナ禍での国内最初の世界戦となった一戦は、度重なる延期を経て、ようやく実施された。日程が決まっては延びる難しい調整を強いられる中で中谷は、「現状を前向きに受け止め、自分を成長させる時間にしたい」と、怠ることなく練習に励んできた。

 中学でボクシングを始めて以来、抱き続けてきた「世界チャンピオンになる」という思い。そして、プロデビュー前からキャリアの拠点とする相模原に「明るいニュースを届けたい」と公言して挑んだ戦いにも、リング上の中谷には気負った様子はなかった。

 序盤から頭を下げ距離を詰めてくるマグラモに対し、中谷は引くことなく左右に動き相手をいなしながら、ジャブ、フック、アッパーと多彩なパンチを繰り出し終始冷静に対応。手数も勝り、試合を優勢に進めた。

 そして、終盤にさしかかった8回。体を寄せてくるマグラモの顔面に強烈な左アッパーを炸裂させ、さらに左フックを浴びせると、相手はたまらずダウン。なんとか立ち上がるも、続行不可能と判断したレフェリーが試合を止めた。その瞬間、会場は拍手の渦に包まれた。

 これでプロデビューから21戦全勝(16KO)。リング上で行われた勝利者インタビューで中谷は、コロナ禍での試合を実現させてくれた関係者や、応援し続けてくれたファンに向けてお辞儀し「この試合に向けてたくさんの方々に協力いただいた。その思いを拳に乗せて今日リングに上がらせてもらった」と感謝の言葉を述べた。また、地元の三重県から一家で上京し、自身を支えてきた家族に向け、「ボクシングを始めてからずっとサポートしてくれてありがとうございます」と再び頭を下げた。

偉業支えた家族 祝福の声

 試合については「1ラウンド目でいいパンチが入り自分の中で組み立てやすくなった」と振り返り、今後の展望を「統一戦、防衛戦、なんでもクリアできるようこれからも日々チャンピオンロードを歩んでいきたい」と力強く述べた。王者像に関しては「茨の道と言われてきたが、4回戦から地道にこうして王者になれた。4回戦の選手にも手本になれたかなと思う。さらにビッグファイトをして目標にしてもらえるような選手になっていきたい」と語った。

 会場で息子の雄姿を見届けた父親の中谷澄人さんは「頑張った。いつも1ラウンドはロースタートなので1回を終わり、いけるなと思った。まずはおめでとうと言いたい。ゆっくり休んでほしい」と労った。母親の府見子さんは「ほっとした。減量中は食べられなかった好きなオムライスとか甘い物を食べさせてあげたい」と話した。弟の龍人さんは「かっこいい、尊敬できる兄と改めて思わせてくれた。前日に電話で、後悔ないよう勝って無事にリングを降りられたらいいねと話したが、その通りになった」と笑顔を見せた。

 「試合中は拝んでいた」と胸をなでおろしたのは、三重県四日市市から駆け付けた祖父の中谷篤さん。「男4人の孫の中で一番おとなしかったのに、わからないもの。普段の姿と、秘めたものは違う。小さい頃からの目標が叶って、ご苦労さんと伝えたい」と話し、祖母の直美さんは「ずっと心臓がどきどきしていた。よく頑張ってくれた」と安堵した。中谷が所属するM.Tジムの村野健オーナーは、「決して楽ではない道のりを、よくここまで練習してきた。ジムとしてみんなでサポートできたし、本人も感謝してくれている。おめでとう、ありがとう」と言葉を贈った。

「愛される王者に」

 王座獲得の2日後、中谷は取材に「プロになる前から活動させていただいている相模原にこのような報告ができてうれしい」と喜びのコメント。重圧はなかったのかとの問いには「相模原の方々に応援していただき、信じていただけることが原動力となっていたので、プレッシャーというよりも活力になった」と応じ、「明るいニュースをお届けできるようチャンピオンロードを突き進み、皆様から愛される世界王者になる。これからも応援よろしくお願いいたします」と話した。

KO勝ちした中谷
KO勝ちした中谷

さがみはら中央区版のトップニュース最新6

外務大臣表彰を受賞

相模原拠点NPO

外務大臣表彰を受賞 社会

インドシナ難民支援で

1月21日号

コロナ対策強化へ新体制

相模原市

コロナ対策強化へ新体制 社会

ワクチン接種準備も推進

1月21日号

外出自粛「強く要請」

緊急事態宣言市対応

外出自粛「強く要請」 社会

公民館など134施設休止

1月14日号

最後のTLに挑む

三菱重工相模原

最後のTLに挑む スポーツ

初戦はアウェー、クボタ戦

1月14日号

コロナ禍の「新しい成人式」

コロナ禍の「新しい成人式」 文化

分散開催 生中継も

1月7日号

「安全安心の五輪やりきる」

新春知事インタビュー

「安全安心の五輪やりきる」 政治

感染防止へマスク会食も訴え

1月7日号

あっとほーむデスク

  • 1月21日0:00更新

  • 1月14日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 新しい学習資料展

    相模原市立博物館レポvol.21

    新しい学習資料展

    民俗担当学芸員 山本菜摘

    1月14日号

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク