さがみはら中央区版 掲載号:2020年11月19日号 エリアトップへ

相模原市立青和学園 小中一貫 待望の開校式典 市内初の義務教育学校

教育

掲載号:2020年11月19日号

  • LINE
  • hatena
全学園生で新校歌を斉唱した=14日、青和学園体育館
全学園生で新校歌を斉唱した=14日、青和学園体育館

 4月に開校した市内初の義務教育学校「相模原市立青和学園」(青野原/小畑弘文校長/学園生数79人)の開校記念式典が14日、同校体育館で開催された。コロナの影響で半年遅れとなった式典には、全学園生、保護者や地域住民ら約200人が参加。関係者からは「豊かな自然のもと、地域一体となった教育を実践するコミュニティ・スクールとして、実りある教育の現場としたい」と期待の声が挙がる。

 義務教育学校は、1人の校長のもとで9年間の一貫した教育を行う、小学校、中学校とは別の校種の新たな学校。青和学園は市立青根小・中学と青野原小・中学の4校を統合し、市内で初めて開校された。青野原小・中の校舎を活用している。

 開校式典は当初、4月に行われる予定だったが、新型コロナウイルス感染防止に伴い一度中止になった。学校は臨時休校、分散登校を経て、子どもたちが全員一斉に登校したのは6月15日。小畑校長は「新学校での活動はまだ、実質5カ月弱。この期間、青和祭体育部門などで子どもの主体性が見られ、その成長には目を見張るものがある。こうしたことは、これまで4校で行われてきた教育の土台の上に、青和学園における小中一貫教育の成果が現れている」と振り返る。

地域一体の教育を

 式典は感染防止対策を講じながら3部制で行われた。1部では鈴木英之教育長が青根・青野原の「青」と、和を大事に令和を生きる意味で「和」を合わせた校名の由来を説明。その後、小畑校長が「学園生と地域がともに創り上げるこの式典を契機に、コミュニティ・スクールとして地域と連携・協働した教育活動を推進していきたい」と挨拶した。祝いに訪れた本村賢太郎市長は「素晴らしい自然のもと、夢をもった学園生活を過ごして欲しい」と話した。

 2部では、同校の高橋純教諭が考案した校章と、校歌『一つの「青」』が披露された。校歌は主となる文言を公募。旧青根小で10年間コンサート活動を続ける東京フィルハーモニー交響楽団首席チェロ奏者の金木博幸氏が自身の案も合わせてまとめた。作曲も担当した金木氏が青根の思い出などを語った後、全学園生で校歌を合唱。3部では東京フィルトップメンバーによる演奏や同校教諭による歌が披露され、式典を祝った。

挨拶する小畑校長
挨拶する小畑校長

さがみはら中央区版のトップニュース最新6

外務大臣表彰を受賞

相模原拠点NPO

外務大臣表彰を受賞 社会

インドシナ難民支援で

1月21日号

コロナ対策強化へ新体制

相模原市

コロナ対策強化へ新体制 社会

ワクチン接種準備も推進

1月21日号

外出自粛「強く要請」

緊急事態宣言市対応

外出自粛「強く要請」 社会

公民館など134施設休止

1月14日号

最後のTLに挑む

三菱重工相模原

最後のTLに挑む スポーツ

初戦はアウェー、クボタ戦

1月14日号

コロナ禍の「新しい成人式」

コロナ禍の「新しい成人式」 文化

分散開催 生中継も

1月7日号

「安全安心の五輪やりきる」

新春知事インタビュー

「安全安心の五輪やりきる」 政治

感染防止へマスク会食も訴え

1月7日号

あっとほーむデスク

  • 1月21日0:00更新

  • 1月14日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 新しい学習資料展

    相模原市立博物館レポvol.21

    新しい学習資料展

    民俗担当学芸員 山本菜摘

    1月14日号

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク