さがみはら中央区版 掲載号:2020年12月3日号 エリアトップへ

ライズ IBMを撃破 今季最終戦を白星で飾る

スポーツ

掲載号:2020年12月3日号

  • LINE
  • hatena
(上)勝利を喜び合うライズ選手たち(下)敵の守備をくぐりタッチダウンを奪うウィリアムス=11月12日、富士通スタジアム川崎#Photographs by Kohei SAEKI ©Official RISE pics
(上)勝利を喜び合うライズ選手たち(下)敵の守備をくぐりタッチダウンを奪うウィリアムス=11月12日、富士通スタジアム川崎#Photographs by Kohei SAEKI ©Official RISE pics

 アメリカンフットボールの日本最高峰Xリーグ所属の地元チーム・ノジマ相模原ライズは11月23日、IBMビッグブルーと対戦し、接戦の末、27対17で撃破し今季最終戦を白星で飾った。

 ライズは前半の第1Q(クォーター)で相手のFG(フィールドゴール)により先制を許したものの、第2QでQB(クォーターバック)カート・パランデックのパスがRB(ランニングバック)森本紘介に渡りTD(タッチダウン)に成功。相手タッチダウンで応戦し10対10の同点のまま折り返す。後半はライズが主導権を握り、第3Qにパランデック、第4QにはRBデレク・アキラ・ウィリアムスがTDを奪取。終盤も攻守にわたってライズのプレーが光り、粘り込む相手の攻撃を退けた。これで2勝1敗のブロック2位。JAPAN X BOWLには進出できなかったが、来季への弾みのつく大きな勝利となった。

 城ヶ滝一朗ヘッドコーチを迎え、新体制で挑んだ今季。初戦の富士通こそ大敗を喫したが、短期間で立て直し2連勝につなげた。来季はさらに団結力のチームづくりに努め、悲願の日本一をめざす構えだ。

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

共生めざす作文で初入賞

共生めざす作文で初入賞 社会

向江さん、志田さん

1月21日号

昭和歌謡に親しもう

昭和歌謡に親しもう 文化

2月にランチタイムコン

1月21日号

青学生が環境教育を支援

青学生が環境教育を支援 文化

小中学生向け動画を制作

1月21日号

「110番の日」に啓発

「110番の日」に啓発 社会

清水春花さんが一日署長

1月21日号

自宅で楽しむお話会

自宅で楽しむお話会 社会

市内図書館が配信

1月21日号

自転車事故、県内で最多

自転車事故、県内で最多 社会

相模原署「ルール順守を」

1月21日号

あっとほーむデスク

  • 1月21日0:00更新

  • 1月14日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 新しい学習資料展

    相模原市立博物館レポvol.21

    新しい学習資料展

    民俗担当学芸員 山本菜摘

    1月14日号

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク