さがみはら中央区版 掲載号:2021年1月21日号 エリアトップへ

「市民の誇り」どう醸成 シンポジウムで意見交換

社会

掲載号:2021年1月21日号

  • LINE
  • hatena
相模原市にゆかりのあるパネリストを招いて開かれた第2部のパネルディスカッション=15日、杜のホールはしもと
相模原市にゆかりのあるパネリストを招いて開かれた第2部のパネルディスカッション=15日、杜のホールはしもと

 相模原市民のシビックプライド(市や地域に対する市民の誇り・以下CP)について考えるシンポジウム「呼び覚ませ〜72万人のシビックプライドさがみはらファン倍増大作戦!」(市主催)が1月15日に開催された。

 CPを呼び覚まし、市の魅力の再発見・新発見を図るシンポジウム。当初は、杜のホールはしもとを会場に有観客イベントとインターネットを使った動画の生配信を併用する予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大に配慮しユーチューブライブによるオンライン開催のみに切り替えた。

 シンポジウムは2部構成で実施。第1部は、CPの専門家で関東学院大学准教授の牧瀬稔さん(緑区出身)が、「シビックプライドが相模原市を大きく変える!」と題して基調講演を行い、CPの概念や相模原市の現況、他自治体の取り組み事例などを解説した。

 続いて第2部では牧瀬さんがコーディネーター、フリーアナウンサーの長澤彩子さん(南区出身)が司会を務め、JAXA宇宙科学研究所所長の國中均さん、相模原市出身俳優の稲葉友さん、第14代相模原市観光親善大使の岩永優花子さんと鈴木朝登さん、本村賢太郎市長によるパネルディスカッションを開催。「相模原市の魅力やお勧めしたいことは」「相模原市のキャッチコピーは」といったテーマに対して意見を交わした。同時に視聴者からの回答もウェブで募った。

 「相模原市に足りない点は」という質問には多くのパネリストが名産や特徴、インパクトに欠ける点を挙げた。視聴者からは「地域の横の連携」といった意見も寄せられた。CPを高めるには相模原の魅力を市内外へ発信することが重要だという声が多く挙がり、本村市長は「市民にもっと相模原を好きになってもらい、一人ひとりにシティセールスをしていただきたい」と呼びかけた。

 一方で、適度に立地が良く住みやすい点などから、「ちょうど良さ」が相模原らしさだという見解も複数のパネリストから示されていた。

 市担当課は「今回の取り組みが視聴された皆さんのCPについて考える契機となれば。今後もCPを高める取り組みを進めてまいりたい」と述べた。現在この動画を公開中。検索は「さがみはらファン倍増大作戦」で。2月中をめどに「さがみはらチャンネル」で編集版が公開される予定。

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

校庭でのびのびスポーツ

校庭でのびのびスポーツ 教育

富士見小で児童向け事業

6月23日号

童謡・唱歌を一緒に歌おう

童謡・唱歌を一緒に歌おう 文化

6月25日 杜のホール

6月23日号

給食に星形ハンバーグ

はやぶさの日

給食に星形ハンバーグ 教育

6月23日号

露軍侵攻「耐えられない」

ウクライナ音楽家

露軍侵攻「耐えられない」 社会

6月23日号

まちづくりプラン表彰

人物風土記関連記事

まちづくりプラン表彰 社会

上溝で具現化に向け活動

6月23日号

還付金詐欺 未然に防ぐ

区内在勤 村上さん

還付金詐欺 未然に防ぐ 社会

相模原署から感謝状

6月23日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月23日0:00更新

  • 6月16日0:00更新

  • 6月9日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook