さがみはら中央区版 エリアトップへ

2021年1月の記事一覧

  • 飯塚 侑さん

    1月1日付で公益社団法人相模原青年会議所(相模原JC)の新理事長に就任した

    飯塚 侑さん

    緑区大島在住 36歳

    地域の未来 信じて動く ○…第56代理事長に就任。新生活様式の中で組織の意義が問われる今、「個が集合するJCの多様性を武器...(続きを読む)

    1月7日号

  • あっとほーむデスク

    記者が見た、聞いた、感じた、を伝える

    あっとほーむデスク

    1月7日0:00更新

     この年末年始、ユーチューブにはまった。検証ものや懐かしさを感じる動画など、内容が凝縮され短時間で楽しめる世界に惹きつけられた。さて本紙。同じ「無料媒体」として...(続きを読む)

    1月7日号

  • 伝統芸能とアートに湧く

    相模原中央商店街

    伝統芸能とアートに湧く 社会

    「コロナ打破」掲げイベント

     「コロナに打ち勝とう」と地域や会員店舗を盛り上げるために相模原中央商店街協同組合が企画したライブペイントショー「こけ丸が『笑門来福×ペインティングパフォーマン...(続きを読む)

    1月7日号

  • 「安全安心の五輪やりきる」

    新春知事インタビュー

    「安全安心の五輪やりきる」 政治

    感染防止へマスク会食も訴え

     タウンニュースは神奈川県の黒岩祐治知事に年頭インタビューを行った。知事は、新型コロナウィルスへの対応を振り返ると共に、東京五輪開催へ強い意欲を見せた...(続きを読む)

    1月7日号

  • プログラミングコン開催

    プログラミングコン開催 教育

    環境テーマに作品募集

     相模原市・青山学院大学・ノジマの産官学が連携して開催される、環境をテーマとしたプログラミングコンテスト「さがみはらエコ・プロちゃれんじ」は、市内の小...(続きを読む)

    1月7日号

  • コロナ後へ舵取り 柔軟に

    本村市長 インタビュー

    コロナ後へ舵取り 柔軟に 社会

     --昨年(2020年)を振り返っての感想をお聞かせ下さい。 JR相模原駅の北側に位置する相模総合補給廠の共同使用区域内に、「相模原スポ...(続きを読む)

    1月7日号

  • 福を呼ぶ「溝のだるま市」

    福を呼ぶ「溝のだるま市」 文化

    11日 上溝商店街中央駐車場

     上溝商店街振興組合主催による、新春恒例「溝のだるま市」が1月11日(月・祝)、上溝商店街中央駐車場で行われる。時間は午前11時から午後5時まで。...(続きを読む)

    1月7日号

  • コロナ禍の「新しい成人式」

    コロナ禍の「新しい成人式」 文化

    分散開催 生中継も

     市内の新成人の門出を祝う「はたちのつどい」が1月11日(月・祝)、市民会館ほかで開催される。今年は新型コロナウイルス感染症の影響を受けながらも、式典時間の短縮...(続きを読む)

    1月7日号

  • 淵野辺で「牛」研究進む

    淵野辺で「牛」研究進む 社会

    麻布大河合教授ら取組み

     今年は丑年--。牛は生乳を提供し、見た目の愛らしさから人々に癒しを与えてくれる存在となっているが、淵野辺の麻布大学では、そんな牛たちに関する研究が進...(続きを読む)

    1月7日号

  • 会計を空気に変える〜「会計を、あなた好みに働かせます」〜

    会計を空気に変える〜「会計を、あなた好みに働かせます」〜

    税理士法人小形会計事務所 小形剛央所長に聞く

     SDGsの実現を達成するために、顧問税理士として「貧困から脱却する手段であり予防」「すべての人に健康と福祉を」「悩み不安の解消」「質の高い教育をみんなに」「専...(続きを読む)

    1月1日号

  • 縁起の良いまち「上溝」へ

    縁起の良いまち「上溝」へ

    上溝商店街主催 溝の七福神&だるま市

    上溝七福神 歴史ある上溝にまた一つ、福を呼ぶ縁起の良い行事が誕生した。その名も「溝の七福神」。商店街内に設置された7つの縁...(続きを読む)

    1月1日号

  • あっとほーむデスク

    記者が見た、聞いた、感じた、を伝える

    あっとほーむデスク

    1月1日0:00更新

     お題「今年、おうち時間で挑戦したいこと」 いろんなレシピにチャレンジして料理上手に。元の生活に戻ったら、たくさんの人を家に招き「料理の...(続きを読む)

    1月1日号

  • 会社も商店街も持続可能な活動を

    会社も商店街も持続可能な活動を

    飯塚塗研・リリマート

     会社が入居する任意団体となる商店街「リリマート」の理事長を務め、シャッターに17のSDGsの理念を貼るなど、『SDGs商店街』として再生させた飯塚侑社長。昨年...(続きを読む)

    1月1日号

  • 秋山 太郎さん

    4人組お笑いユニット「ガーリィレコードチャンネル」として活動する

    秋山 太郎さん

    南区相模台出身 28歳

    「次世代の笑い」追求 ○…主戦場はYouTube。チャンネル登録者数は約83万人を誇る。昨年11月に行った日本青年館での初...(続きを読む)

    1月1日号

  • 新時代  生活基盤を最優先

    新時代 生活基盤を最優先 社会

    本村市長 市政を語る

     2021年の年頭を飾る企画として、本紙では本村賢太郎市長に、新春インタビューを行った。本村市長は相模原市の未来に対する構想や考え方などについて率直に...(続きを読む)

    1月1日号

  • チーム全員で「完全優勝」へ

    青山学院大学

    チーム全員で「完全優勝」へ スポーツ

    箱根駅伝で絆つなぐ

     1月2日(土)・3日(日)に開催される「第97回箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝競走)」(関東学生陸上競技連盟主催)を前に、淵野辺に位置する相模原キャンパスを...(続きを読む)

    1月1日号

  • ”噛める喜び、もう一度”ご家族と一緒に同じ食事を同じように楽しむために

    大滝歯科医院

    ”噛める喜び、もう一度”ご家族と一緒に同じ食事を同じように楽しむために

    入れ歯の悩みは様ざま 人生をより良いものにするために歯はとても重要だ。「痛い」「外れる」「噛めない」「話しにくい」「見た目...(続きを読む)

    1月1日号

  • 多角的事業展開 中核は住宅とタクシー

    多角的事業展開 中核は住宅とタクシー

    株式会社サーティーフォー

     不動産、戸建注文、リノベーション、飲食、社会事業投資(ヘルスケア、人材マッチング)とさまざまな分野で事業を展開。その多角的経営の中にあって、根幹を成すのが住宅...(続きを読む)

    1月1日号

  • 点滴流量をIoTで管理

    点滴流量をIoTで管理

    医療や介護従事者の負担軽減に貢献 

     地元医療機器・各種計量機器の企画・開発メーカー「マーク電子」(緑区橋本台・村山忠雄会長)はこのほど、点滴の流量をスマートフォンやパソコンを使いリアルタイムで管...(続きを読む)

    1月1日号

  • 地域と共生し地球と共存する

    地域と共生し地球と共存する

    株式会社ギオン

     創業以来「総合物流企業」を目指し、一歩一歩着実に歩んできたギオン。1965年に5人で起こした会社は、国内外に70拠点、車両保有台数1500台、従業員...(続きを読む)

    1月1日号

  • ニューノーマル時代を切り拓く教育と福祉の在り方

    ニューノーマル時代を切り拓く教育と福祉の在り方

     昨年は新型コロナウイルスの脅威に見舞われ、世界的に大きな転換期となりました。今回は2021年新春企画として、児童福祉学科で保育者を、また、専攻科介護...(続きを読む)

    1月1日号

  • 「コロナ禍でも必要な受診を」

    渕野辺総合病院医療レポート【2】

    「コロナ禍でも必要な受診を」

    副病院長 小池 幸宏

     2020年は新型コロナウイルスの影響で、病院への受診を控える人が増えた。淵野辺の「地域の中核病院」、医療法人社団相和会・渕野辺総合病院でも、その影響は顕著に現...(続きを読む)

    1月1日号

  • 脱腸手術 実績1300件超の信頼感

    脱腸手術 実績1300件超の信頼感

    保険適用で日帰り対応/たまプラそば

     田園都市線たまプラーザ駅徒歩3分、車でも東名川崎IC5分という好立地にある「横浜青葉そけいヘルニア・外科クリニック」。大型病院では入院が必要という保険適用の鼠...(続きを読む)

    1月1日号

  • 培った解決力で課題に臨む「事業承継で地域経済守る」

    培った解決力で課題に臨む「事業承継で地域経済守る」

    法律事務所S

     弁護士8名を抱える市内最大規模の法律事務所として中小企業法務や不動産、相続など幅広い地域課題に向き合ってきた。2019年に迎えた設立10周年を機に「SDGsを...(続きを読む)

    1月1日号

  • 県政の課題を問う

    県政報告Vol.46

    県政の課題を問う

    自民党県議会議員 河本 文雄(かわもと ふみお)

     昨年11月、黒岩知事に「令和3年度県予算・施策に関する提言書」を提出し、県の予算編成にあたり実現を図るよう求めました。56項目の提言の中から主要6項...(続きを読む)

    1月1日号

  • 当事者意識を持つことが重要

    当事者意識を持つことが重要

    電気・通信・空調設備「市川電設」 市川雄士社長

     2008年設立。電気・通信・空調設備の設計・施工・管理を手がける。昨年10月に神奈川県、11月に相模原市のSDGsパートナーにそれぞれ登録され、県・市とともに...(続きを読む)

    1月1日号

  • 課題解決から企業価値の創出へ

    課題解決から企業価値の創出へ

    梅津測量設計 梅津賢一代表

     測量という仕事を通じ、SDGs達成をめざす。「SDGsの17項目によって指標としてわかりやすくなり、企業にとっても解決すべき課題と目標が定めやすくなった」と梅...(続きを読む)

    1月1日号

  • 的祭 今年は中止に

    的祭 今年は中止に 文化

    田名で恒例の新春行事

     田名八幡宮(水郷田名)で例年1月6日に開催される豊凶を占う伝統行事「的祭(まとまち)」が、新型コロナウイルスの影響を受けて中止となった。...(続きを読む)

    1月1日号

  • SC相模原 悲願のJ2

    SC相模原 悲願のJ2 スポーツ

    最終節で昇格争い制す

     地元サッカークラブ・SC相模原の2021シーズンは、J2リーグが舞台に--。SCは昨年12月20日のJ3最終節でFC今治を2対1で破り、最後までもつれたJ2昇...(続きを読む)

    1月1日号

  • 「きっかけは子育て」

    冨永愛さんインタビュー

    「きっかけは子育て」 社会

    SDGs観を語る 

     世界が直面するあらゆる問題を解決するために国連で定められた国際目標「SDGs」(持続可能な開発目標)。相模原市は、その実現へ向けた潜在能力の高さが認められ...(続きを読む)

    1月1日号

相模原市のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://ceremonyhouse.jp

<PR>

あっとほーむデスク

  • 5月13日0:00更新

  • 5月7日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter