さがみはら中央区版 掲載号:2021年2月25日号 エリアトップへ

草ストローが社会貢献評価 区内大学生が会社運営

社会

掲載号:2021年2月25日号

  • LINE
  • hatena
草ストローを手に笑顔の大久保さん
草ストローを手に笑顔の大久保さん

 大久保夏斗さん(区内在住)が運営するHAYAMIの「草ストロー」が、(一社)ソーシャルプロダクツ普及推進協会主催の「ソーシャルプロダクツ・アワード2021」において優れた社会性と商品性を持つものに授与されるソーシャルプロダクツ賞を受賞した。

 社会的課題の解決に貢献する商品・サービスを表彰する同アワード。HAYAMIの草ストローはレピロニアという植物の茎を原料とし、ベトナム・ホーチミン郊外の農村で作られている。プラスチックと違い完全に土に還ることが特徴。今回は草ストローが環境保護や発展途上国の農村支援につながる商品であることから社会貢献性を評価され、受賞に至った。

 大久保さんは東京農業大学に通う現役大学生。「今後とも相模原を中心として草ストローの普及に尽力していければ」と話している。
 

相模原市のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://ceremonyhouse.jp

<PR>

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

全ての人に「美」で幸福を

全ての人に「美」で幸福を 社会

美容室 〜sora〜

4月22日号

矢部で無料学習塾

矢部で無料学習塾 教育

毎土曜 NPO法人が開催

4月22日号

重工、プレーオフ初戦突破

ラグビー

重工、プレーオフ初戦突破 スポーツ

マイケル・リトルが2トライ

4月22日号

日本画を学ぼう

日本画を学ぼう 文化

西門そばで体験型講座

4月22日号

五輪を盛り上げよう

五輪を盛り上げよう スポーツ

2会場でポスター展示

4月22日号

家族で酒米を作ろう

家族で酒米を作ろう 経済

参加募集 青根の田園

4月22日号

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 縄文人の生活を探る 考古企画展

    相模原市立博物館レポvol.22

    縄文人の生活を探る 考古企画展

    「変化の時代を生きた縄文人 相模原市域の縄文時代中・後期文化」考古担当学芸員 長澤有史

    4月22日号

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter