さがみはら中央区版 掲載号:2021年3月4日号 エリアトップへ

子どもの未来のために Kaimanaフォトスタジオ

社会

掲載号:2021年3月4日号

  • LINE
  • hatena
カメラを手に笑顔の小松さん
カメラを手に笑顔の小松さん

 SDGsについて初めて知ったのは昨年12月。セミナーで学び、重要性に衝撃を受けた。すぐさま勉強を開始し、「さがみはらSDGsパートナー」に登録。「難しいと思われがちですが、実は皆さんが知らず知らずのうちに取り組んでいることも」とオーナーの小松文乃さんは話す。

 小松さんも2児の母であることから、子どもの教育に関する活動について特に熱心に取り組む。情操教育の一環として、児童養護施設へのボランティア撮影や小学校でのカメラの出張授業を行ってきた。環境問題にも配慮して、照明機材もLEDを採用。さらにゴミを減らすように簡易包装や段ボールなどのリサイクルを推進した。

 小松さんが運営するSNSでは、SDGsに関する情報を積極的に発信。「まずは大勢の人に知ってもらいたい」と意気込む。今後は仲間と共に、親子に向けてSDGsの啓発活動を行う団体を設立するためまい進中だ。

相模原市のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://ceremonyhouse.jp

<PR>

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

全ての人に「美」で幸福を

全ての人に「美」で幸福を 社会

美容室 〜sora〜

4月22日号

矢部で無料学習塾

矢部で無料学習塾 教育

毎土曜 NPO法人が開催

4月22日号

重工、プレーオフ初戦突破

ラグビー

重工、プレーオフ初戦突破 スポーツ

マイケル・リトルが2トライ

4月22日号

日本画を学ぼう

日本画を学ぼう 文化

西門そばで体験型講座

4月22日号

五輪を盛り上げよう

五輪を盛り上げよう スポーツ

2会場でポスター展示

4月22日号

家族で酒米を作ろう

家族で酒米を作ろう 経済

参加募集 青根の田園

4月22日号

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 縄文人の生活を探る 考古企画展

    相模原市立博物館レポvol.22

    縄文人の生活を探る 考古企画展

    「変化の時代を生きた縄文人 相模原市域の縄文時代中・後期文化」考古担当学芸員 長澤有史

    4月22日号

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter