さがみはら中央区版 掲載号:2021年3月11日号 エリアトップへ

インターネット上で文化芸術支援コンサートを主催した相模原市文化協会会長の 池田 宗道さん(本名:池田直道) 南区豊町在住 75歳

掲載号:2021年3月11日号

  • LINE
  • hatena

相模原の文化活性化担う

 ○…市内19の団体を取りまとめる市文化協会の会長を務めて4年。60年近い同協会の歴史で初めて、コンサート動画の配信を試みた。目的は長引くコロナ禍でパフォーマンスの場を奪われた若手アーティストらの応援と、市民を音楽で元気づけること。「挑戦だが、楽しんでもらえれば」

 ○…市茶道連盟の会長も兼務。母親が教室を開いていたが、子どもの頃は茶道にあまり興味がなかった。高校生の時に振舞われた知人が点てたお茶がおいしく、それをきっかけに母から茶道を習い始めた。大学から本格的に力を入れ、表千家に入門した。茶道の魅力は「日本文化の結集」。茶器、掛け軸、茶室、どれをとっても日本の歴史が積み重ねてきた技術が光る。研鑽を重ねる中で、変わらず一番大切にしていることは「おいしいお茶を点てる」

 ○…大学卒業後、工場設備などを設計する会社に就職。世界中を飛び回る仕事に夢中になった。クウェートで大規模プロジェクトに携わり、作り上げた設備がイラクとの戦争によって破壊された経験も。「あの時はあぜんとした」。非日常的で大変なことも多かったが、「面白い仕事だったね」と懐かし気に目を細める。現役時代は仕事が忙しく、あまり茶道に力を入れる機会はなかったものの、「不思議なもので外で経験を積むと、自然と腕に表れるんだよ」とほほ笑む。

 ○…めざすのは「平等に楽しめる会づくり」。同協会の構成員は第一線で活躍するプロから、趣味で芸術を楽しむアマチュアまで立場はさまざま。それでも「各分野で頑張っている人を支える」という思いは変わらない。「会が中心となって相模原の文化を活性化させたい。これからも新しい方法を模索していく」と先を見据える。

さがみはら中央区版の人物風土記最新6

加藤 秀子さん

4月1日付で相模原交通安全協会小山支部の支部長に就任した

加藤 秀子さん

宮下本町在住 48歳

6月10日号

鈴木 美咲さん

第23回学校華道インターネット花展で関東ブロック賞を受賞した

鈴木 美咲さん

水郷田名在住 18歳

6月3日号

上原 すずさん(本名:宮前 磨美さん)

声優・ラジオパーソナリティで、「おうちde第48回市民桜まつり」でさがみはら絵本「なつのおと」を朗読した

上原 すずさん(本名:宮前 磨美さん)

緑区大島在住 34歳

5月27日号

田野倉 和美さん

4月1日付で中央区長に就任した

田野倉 和美さん

中央区在住 58歳

5月20日号

鈴木 椎那(しいな)さん

6月20日(日)の「少し遅い母の日コンサート」に出演する

鈴木 椎那(しいな)さん

淵野辺在住 25歳 

5月13日号

関根 正司さん

境川クリーンアップ作戦実行委員会の実行委員長を務める

関根 正司さん

小山在住 54歳 

5月7日号

あっとほーむデスク

  • 6月10日0:00更新

  • 6月3日0:00更新

  • 5月27日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月10日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter