さがみはら中央区版 掲載号:2021年5月7日号 エリアトップへ

田名中2年須田煌大さん K―1アマで全国3連覇 けが乗り越え優勝つかむ

スポーツ

掲載号:2021年5月7日号

  • LINE
  • hatena
優勝トロフィーと賞状を手にする須田さん
優勝トロフィーと賞状を手にする須田さん

 田名中学校2年の須田煌大さん=K―1ジム相模大野所属=が4月11日に東京都内で開催された「第10回K―1アマチュア全日本大会」のジュニア(中学)1年生の部Bクラス―60kgで優勝し、同大会3連覇を果たした。

 立ち技格闘技「K―1」を老若男女問わずに誰でも気軽に挑戦できるスポーツにする目的で開催されているアマチュア大会。須田さんは元格闘家の父・大さんの勧めで小学4年生から同競技を始めた。同大会に初出場した一昨年には優勝と同時にMVPを受賞。そこから今回まで3連覇と、今や同年代に「敵なし」と言える強さだ。

 しかし須田さんは今大会について「試合内容が納得できるものでなかった」と悔しさを滲ませる。その理由は昨年から相次いでけがに見舞われたことにあった。

 昨年7月、須田さんは練習時に背骨を疲労骨折し、全治3カ月と診断された。「絶対安静」を言い渡され、競技生活で初めて練習しない日々を過ごした須田さんは「体を動かせない期間に不安やもどかしさを感じていたが、完治すると信じていた」と振り返る。その言葉通り後遺障害を残さず背骨は完治。出場が危ぶまれていた同大会の予選が新型コロナの影響で今年3月に延期していたのが幸いとなり、1月から練習を再開していた。

 調子を取り戻そうとしていたところだったが、今度は2月に股関節を疲労骨折。再び練習に制限がかかり、ハイキックなどが出せなくなった。コロナ禍の自宅トレーニングなどでその様子を近くで見ていた大さんは「もう続けられないんじゃないかとも思った」と吐露する。

 それでもあきらめずに出場した同大会。治りきっていない身体でリングに上がった須田さんは「今までできていたことが、けがでできなくなっていた」と不満げに語る。一方で2度の骨折を乗り越えた経験は大きく、「今後いかにけがをしないように練習するか、身体のケアやストレッチなどにも重点をおきたい」と前向きだ。

 めざすのは「全戦無敗のチャンピオンとしてプロ人生を終えること」。そのためにもやはり「プロ入り」が目下の目標だ。「大会連覇にはこだわっていない。自分個人が強くなることができる道を模索していきたい」と話し、今後の活躍を誓った。

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

台湾パイナップルを寄贈

台湾パイナップルを寄贈 社会

市内福祉施設などに40箱

6月17日号

三菱・工藤さんが大臣賞

三菱・工藤さんが大臣賞 社会

技能グランプリ「施盤」競技

6月17日号

杉岡監督作品、19日公開

杉岡監督作品、19日公開 文化

渋谷ユーロスペースで

6月17日号

畠中さんが母校・桜美林へ

畠中さんが母校・桜美林へ

「はやぶさ」にサイン

6月17日号

「生理の貧困」対策の一助に

国際ソロプチミスト相模

「生理の貧困」対策の一助に 社会

市へナプキン寄贈

6月17日号

夏の熱戦 組み合わせ決定

高校野球神奈川大会

夏の熱戦 組み合わせ決定 スポーツ

7月10日開幕、開会式なし

6月17日号

あっとほーむデスク

  • 6月17日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

  • 6月3日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter