さがみはら中央区版 掲載号:2021年6月17日号 エリアトップへ

相模原市議会第49代議長に就任した 寺田 弘子さん 南区大野台在住 67歳

掲載号:2021年6月17日号

  • LINE
  • hatena

できることを、できる限り

 ○…「身が引き締まる思いが、日に日に強くなっている」。長い歴史を持つ相模原市議会で、49代目にして初めての女性議長となった。祝福や喜びの声が、女性からも多く寄せられたという。しかし、本人に特別な重圧はない。「性別に関係なく、全ての人が幸せにならないといけない。議長として、今やるべきことに力を傾け、次に引き継いでいければ」。真剣な表情で思いを語る。

 ○…結婚して5年後に始まった義父母の介護。3人の子育てをしながら、まさに「戦場のような」毎日を送った。介護生活が終わったのは22年後。子どもたちは皆成人を迎えていた。しばらくは自由に過ごしてみたが、心にはぽっかり穴があいた状態。「このままだとダメになる」、そんな時に勧められたのが市議会議員への立候補だった。次に自分がすべきことを模索している中での声がけに、悩んだ末、「人の役に立てる仕事」と出馬を決意。2007年、初当選を果たした。

 ○…山梨県出身。農家の両親のもと、野山を駆け回る子ども時代を過ごす。結婚を機に43年前に相模原市民になり、「こもれびの森」のそばに居を構えた。「自然が豊かな貴重な空間。市内でも好きな場所の一つ」と微笑む。息抜きは自宅の庭で興じる花壇の手入れ。「土にふれていると無心になれて落ち着きます」

 ○…子どもの虐待防止を訴える「オレンジリボン運動」は、自身のライフワーク。「介護の最中、苦しさから子どもにストレスをぶつけてしまった。その自責の念もあります」。また、ポリオ撲滅運動としてペットボトルキャップの回収も続継中。これまでに1500人分のワクチンを提供した。「大事なのは、自分にできることをできる限り」。その思いで、前進を続けていく。

さがみはら中央区版の人物風土記最新6

村山 裕子さん

上溝で手芸品などの販売会を開催し今年で10年目を迎える

村山 裕子さん

横山台在住 68歳

7月22日号

五十嵐 琉珂(いからし るか)さん

第42回全国中学生選抜将棋選手権の県予選女子の部で優勝した

五十嵐 琉珂(いからし るか)さん

シュタイナー学園中等部在学 14歳

7月15日号

佐々木 春美さん

今年4月から市立博物館の館長を務めている

佐々木 春美さん

中央区在住 57歳

7月8日号

安達 弘樹さん

神奈川県行政書士会相模原支部の支部長に就任した

安達 弘樹さん

南区南台在勤 47歳

7月1日号

甲斐 大輔さん

相模原市青年工業経営研究会(青工研)の2021年度会長を務める

甲斐 大輔さん

上溝在住 39歳

6月24日号

寺田 弘子さん

相模原市議会第49代議長に就任した

寺田 弘子さん

南区大野台在住 67歳

6月17日号

あっとほーむデスク

  • 7月22日0:00更新

  • 7月15日0:00更新

  • 7月8日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年7月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter