さがみはら中央区版 掲載号:2021年6月24日号 エリアトップへ

自転車事故 増加で啓発 相模原署が警戒強化

社会

掲載号:2021年6月24日号

  • LINE
  • hatena
自転車に乗る市民に事故防止を呼びかける同署員
自転車に乗る市民に事故防止を呼びかける同署員

 相模原警察署(森元博署長)管内である中央区で交通事故が増加していることを受けて、同署は6月25日(金)まで独自の啓発運動「交通事故抑止特別対策計画」を実施している。

 今年1月から5月末までの間、区内で人身に被害があった交通事故の数は374件と、昨年同時期と比べて66件増加。その内自転車が関連する事故は142件と、県内では最多の発生数となっている。同署はこれを抑え込もうと、6月10日から運動を開始。特に事故の発生が多い午前7時から8時15分まで、交通課員や交番地域課員が交差点に立ち、警戒を強化している。

 加えて、自転車関連事故で18歳以下の割合が多いことから、同署管内の中学・高校に訪問し、通学時の交通事故防止を呼びかける活動も実施。学校の夏休み前までに全校に啓発したい考えだ。

 交通第一課の松下和則課長は「自転車に乗る際は、交差点で一時停止や徐行して必ず安全確認を。昼からライトを点灯したり、子どもも大人もヘルメットを着用すれば、安全意識も高まる。ぜひ実践して」と訴えている。
 

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

サトイモの珍花 お目見え

サトイモの珍花 お目見え 文化

田名地区に22株咲く

9月16日号

「応援を力に変えて金」

東京2020パラ 陸上競技

「応援を力に変えて金」 スポーツ

佐藤選手が報告会

9月16日号

五輪装飾の掲出を延長

五輪装飾の掲出を延長 スポーツ

自転車ロードレース関連

9月16日号

夏の思い出、一枚に

夏の思い出、一枚に 社会

文盛堂おえかきコン表彰

9月16日号

メイプルで恒例フリマ

メイプルで恒例フリマ 経済

9月26日(日) 午前10時から

9月16日号

「溝の朝市」が中止に

「溝の朝市」が中止に 社会

コロナ感染防止で

9月16日号

あっとほーむデスク

  • 9月16日0:00更新

  • 9月9日0:00更新

  • 8月26日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook