さがみはら中央区版 掲載号:2021年7月1日号 エリアトップへ

神奈川県行政書士会相模原支部の支部長に就任した 安達 弘樹さん 南区南台在勤 47歳

掲載号:2021年7月1日号

  • LINE
  • hatena

日々進化し地元に貢献

 ○…相続や遺言などの相談に答える行政書士。約230人が加盟する相模原支部の支部長に就任した。開所から10年未満と若手ながらの抜擢に、「副支部長をしていたのでそろそろかなと思っていたけど驚きました」と苦笑する。しかし、支部には育ててもらった恩返しをしたいとの思いが強く、引き受けたという。「結束は固く先輩に相談できるので心強い。やるからには責任を持って努めたい」と抱負を語る。

 ○…電機メーカーに勤めていた時に法律に興味を持ち、ロースクールに通い始めた。司法試験は通らなかったが、行政書士の資格を取得しその道へ。生まれ育った相模原に行政書士安達法務事務所を開所した。「士業というと固いイメージがあるかもしれないですが、誰もが相談しやすい対応を心掛けています」と柔和な語り口が印象的だ。

 ○…中央区の出身。星が丘小、上溝中、麻溝台高校に通い青春時代を相模原で過ごした。休日は箱根や富士山、湘南など観光地に出かけアクティブに過ごす。アウトドア派と思いきや、絵を描くことや料理なども得意だという。商売をしている学生の頃の仲間とは今も交流し仕事でつながる機会も多い。「仲間のために仕事ができる。地元はいいもんですよね」

 ○…新型コロナの影響で1年以上、総会や街頭相談会など支部の恒例行事ができていない。さらに飲食店などへの協力金や支援金に対する申請は複雑で多忙な日々を過ごすが、「今年はオンラインの活用や感染対策をして開催し、支部の存在感を高めたい」と力を込める。行政書士のやりがいに、社会情勢に合わせて進化する許認可申請に携われることを挙げる。「コロナ関係の申請も勉強しないと分からない。勉強し成長できることが行政書士の魅力です」

シニアの方必見!

10月2日・3日開催 地方公共団体等退職予定者向け採用説明会・相談会

https://www.kmes-kanagawa.or.jp/

<PR>

さがみはら中央区版の人物風土記最新6

石川 雄洋さん

アメリカンフットボールの地元チーム・ノジマ相模原ライズに入団した

石川 雄洋さん

東京都在住 35歳

9月23日号

渡部 菜保子さん

記録員として東京オリンピックのバレーボール競技に携わった

渡部 菜保子さん

向陽町在住 43歳

9月16日号

松田 桂吾さん

相模原法人会青年部会の部会長を務める

松田 桂吾さん

南区相模大野在住 49歳

9月9日号

小川 護さん

公益社団法人神奈川県薬剤師会の会長に就任した

小川 護さん

南区在住 62歳

9月2日号

高木 琢也さん

地元サッカークラブ・SC相模原の監督を務める

高木 琢也さん

東京都在住 53歳

8月26日号

高岡 典彦さん

7月12日付で第37代相模原税務署長に就任した

高岡 典彦さん

中央区富士見在勤 56歳

8月19日号

あっとほーむデスク

  • 9月23日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

  • 9月9日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook