さがみはら中央区版 掲載号:2021年8月5日号 エリアトップへ

宇宙研との連携深化へ 有志団体 交流事業を模索

社会

掲載号:2021年8月5日号

  • LINE
  • hatena
(上)はやぶさ2関連の紙面を持って撮影に臨んだ会のメンバー(下)ビデオメッセージを寄せた國中宇宙研所長=7月29日、相模原市民会館
(上)はやぶさ2関連の紙面を持って撮影に臨んだ会のメンバー(下)ビデオメッセージを寄せた國中宇宙研所長=7月29日、相模原市民会館

 相模原市と商店街などの地元有志による団体「JAXA宇宙科学研究所と夢を創る会」は7月29日、相模原市民会館で定期総会を開催し、JAXAとのさらなる連携強化へ向け、交流事業などを模索していく考えを確認した。

 同組織は昨年、歴史的な地球帰還を果たした小惑星探査機「はやぶさ2」カプセルの応援事業をはじめとした宇宙科学研究所(以下宇宙研)とのさらなる連携強化をめざし、宇宙研と市民、そして行政も交える形で交流を図りながら宇宙を通じて夢を育もうと誕生した団体。2回目となった定期総会では、はやぶさ2の帰還祈願祭や帰還時のパブリックビューイングなど昨年実施した会主導の事業が報告された。その上で、コロナの終息後を見据えて宇宙研との地域交流や研究活動を広く発信する普及啓発事業などを展開させることで、JAXAの取り組みをこれまで以上に応援していく方針を改めて会全体で認識を新たにした。

 会では茅明夫会長が「コロナの収束を願いつつ、さらにJAXAとの協力関係を築きたい」と話すと、顧問である本村賢太郎市長もはやぶさ2を地域一丸で盛り上げた点を挙げ、「住民自治が盛り上がるとワクワクした町づくりにつながる。さらに発展させられれば」と期待を込めた。國中均宇宙研所長もビデオメッセージを寄せ、「淵野辺の皆さんを中心とした会の方々とさらに連携を深めたい」と話し、今後の展望を示した。

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

サトイモの珍花 お目見え

サトイモの珍花 お目見え 文化

田名地区に22株咲く

9月16日号

「応援を力に変えて金」

東京2020パラ 陸上競技

「応援を力に変えて金」 スポーツ

佐藤選手が報告会

9月16日号

五輪装飾の掲出を延長

五輪装飾の掲出を延長 スポーツ

自転車ロードレース関連

9月16日号

夏の思い出、一枚に

夏の思い出、一枚に 社会

文盛堂おえかきコン表彰

9月16日号

メイプルで恒例フリマ

メイプルで恒例フリマ 経済

9月26日(日) 午前10時から

9月16日号

「溝の朝市」が中止に

「溝の朝市」が中止に 社会

コロナ感染防止で

9月16日号

あっとほーむデスク

  • 9月16日0:00更新

  • 9月9日0:00更新

  • 8月26日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook