さがみはら中央区版 掲載号:2021年9月16日号 エリアトップへ

サトイモの珍花 お目見え 田名地区に22株咲く

文化

掲載号:2021年9月16日号

  • LINE
  • hatena
珍しい開花を喜ぶ阿部さん
珍しい開花を喜ぶ阿部さん

 田名地区の水道道付近の畑でおよそ180cmの高さに育ったサトイモが黄色い花を付けた。「十数年に一度」とも言われる珍しい花の出現に栽培する阿部トミ子さん(南区在住)は、「種芋から育つから花が咲くなんて知らなかった。本当にびっくり」と、目を丸くして喜んだ。

 日本で広く栽培されているサトイモは東南アジアが原産とされる熱帯の植物。高温・多湿・多雨な気候を好むため、日本で花を咲かせるのは非常にまれで、田名地区で30年以上サトイモを栽培している阿部さんも初めてのことだという。

 これまで同じ畑内の別の場所でサトイモを育てていたが、古い倉庫を撤去した後の土地に今年3月に初めて種芋を植えた。阿部さんが花を見つけたのは8月30日、大きく育った茎を掻き分けて見ると、新たに植えた200株の内22株に円錐型で水芭蕉によく似た30cmほどの花が2〜5個ずつ付いていた。

 通常のサトイモと比べて花を付けた株の方が生育が良く茎丈も高く育っており、「気候変動があったり、長い間休耕田だったからこんなに茎が高く伸びて花が咲いたのかな」と阿部さんは予想する。同時に花に栄養が行くことで実が小さくなってしまうのではないかという心配もあるが、「11月の収穫が楽しみ。いつも手伝ってもらう友人を集めて芋煮会をしたい」と笑顔で話した。

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

メイプルフリマ開催

メイプルフリマ開催 経済

10月31日(日) 午前10時から

10月21日号

クラシックで秋を優雅に

クラシックで秋を優雅に 文化

27日 ランチタイムコン

10月21日号

市長とまちづくりを語る

市長とまちづくりを語る 社会

10月22日 JCが例会配信

10月21日号

「森の素晴らしさ知って」

「森の素晴らしさ知って」 社会

下草刈りボラ参加者募集

10月21日号

SDGsカルタを寄贈

SDGsカルタを寄贈 社会

 啓発団体が制作

10月21日号

アマゾン探検、延長に

アマゾン探検、延長に 文化

相模川ふれあい科学館

10月21日号

あっとほーむデスク

  • 10月21日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

  • 10月7日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  •  縄文世界を見に行こう!

    相模原市立博物館レポvol.23文化財×博物館×図書館×旧石器ハテナ館連携事業

     縄文世界を見に行こう!

    「世界遺産じゃないけど相模原にもある縄文遺跡群」博物館考古担当学芸員 河本雅人・長澤有史

    10月21日号

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook