さがみはら中央区版 掲載号:2021年11月25日号 エリアトップへ

パラ・伴走者青山由佳さん 市内小学校で特別授業 あきらめない心、届ける

社会

掲載号:2021年11月25日号

  • LINE
  • hatena
(左)授業を終え、笑顔を見せる5年3組の児童と青山さん(右)クイズなども交えて進められた特別授業=11日、緑区の旭小学校
(左)授業を終え、笑顔を見せる5年3組の児童と青山さん(右)クイズなども交えて進められた特別授業=11日、緑区の旭小学校

 東京パラリンピック・陸上女子マラソン視覚障害クラスの金メダリスト・道下美里選手の前半伴走者を務めた市職員の青山由佳さんが11日、旭小学校(緑区)の5年3組で特別授業を行った。

 3組児童と青山さんとの出会いは今年。総合学習で五輪を学ぶ中、市内出身の聖火リレー走者である青山さんを知り、話を聞く機会を得ようと依頼したのが契機に。後にオンラインで交流したことから、大会を終え改めて授業として貴重な経験談を聞く運びとなった。

 授業で青山さんは、聖火リレーで「五輪が始まる」と実感したことや、正式に伴走者に選出されたときの喜びと興奮、代表合宿での練習メニューや、本番を前にして道下選手と過ごした時間、そして迎えたレース当時の心境などを説明。時折、クイズを交えるなど子どもたちの興味を引きながら進行していった。最後に、前回大会の銀メダルから悔しさをバネに金メダルにたどり着いた今回の結果に触れ、「困難を乗り越えられるように努力して成長できた。みんなもあきらめず、前向きに過ごしてほしい」とエールを送った。

 話を聞いた境田稜さんは、「将来、ショートトラックの選手として五輪をめざしているので、青山さんの話を意識してやっていきたい」と話し、意気込んでいた。

相模原市からのお知らせです

新型コロナウイルスワクチンの詳しい情報については市HPをご確認ください

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kurashi/kenko/kansenyobo/1019910/1022588/index.html

「終活」なるほど教室開催中

終活のプロ行政書士によるおひとりさまの終活&エンディングノートの書き方講座

https://www.e-nagataya.com/

<PR>

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

相模原駅伝 コロナで中止

「スポーツで地域を熱く」

ニューフェイス

「スポーツで地域を熱く」 スポーツ

広報担当 長澤彩子

1月20日号

22日、ホームでマツダ戦

三菱重工相模原

22日、ホームでマツダ戦 スポーツ

ラグビーリーグワン D2

1月20日号

「ナカムラ」 主催コンが発表

「ナカムラ」 主催コンが発表 文化

金賞に谷口陽和香さん

1月20日号

ヤクルト塩見さんが凱旋

ヤクルト塩見さんが凱旋 スポーツ

海老名リトルで交流

1月20日号

「D2優勝、1年で上へ」

注目選手【2】

「D2優勝、1年で上へ」 スポーツ

新加入 SH岩村昴太

1月20日号

あっとほーむデスク

  • 1月20日0:00更新

  • 1月13日0:00更新

  • 1月6日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook