さがみはら中央区版 掲載号:2021年12月23日号 エリアトップへ

納涼花火実行委 代替事業「伝統絶やさぬ」 パンフ作成 写真を募集

コミュニティ文化

掲載号:2021年12月23日号

  • LINE
  • hatena
2020年11月の代替事業での打ち上げ花火
2020年11月の代替事業での打ち上げ花火

 相模原納涼花火大会実行委員会は、コロナ禍の影響で通常開催が中止となった同大会の代替事業として、来年春をめどに、これまでの歴史などを記載したパンフレットを発行する。それに伴い同実行委では来年1月31日(月)まで、過去の同大会の写真を募集している。

 同大会は1951年に水郷田名の復興を願い「田名煙火大会」として始まった。2020年、21年はコロナ禍の影響で通常開催が中止に。23年に第50回の記念大会を控えていることもあり同実行委は昨年、伝統の灯を絶やさぬよう、また、市民に少しでも元気を出してもらえるよう、代替事業として会場非公開で打ち上げ花火を実施。そして今年も、なんらかの方法で花火を継承する方法を模索していた。

 そして、大会概要や歴史を多くの人に知ってもらうため市民から花火の写真を募集してパンフレットにする特別事業を「プレイバック サガミハラ ハナビ」と題し行う運びに。来年3月の発行に向け同実行委は、1月31日までSNSやメール、持ち込み、郵送などで写真を受け付けている。

 パンフは約2万5千部を発行し市内小学校や公共施設などに無料配布する予定。久野新一実行委員長は「不特定多数が集まる花火が今後開催できるのか不安はあるが、市民の元気につながると思うとやめられない。節目の50回、そして100回へつなげられるよう支えていただきたい」と話している。写真の送り先など詳細は同大会の公式サイト【URL】http://www.sagamiharahanabi.com/を参照、または事務局担当・梶山さん【電話】090・3590・8152。

相模原市からのお知らせです

新型コロナウイルスワクチンの詳しい情報については市HPをご確認ください

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kurashi/kenko/kansenyobo/1019910/1022588/index.html

「終活」なるほど教室開催中

終活のプロ行政書士によるおひとりさまの終活&エンディングノートの書き方講座

https://www.e-nagataya.com/

<PR>

さがみはら中央区版のトップニュース最新6

パラグライダーで頂点

南区在住多賀純一さん

パラグライダーで頂点 スポーツ

JHF日本ランク1位に

1月20日号

石澤開選手、日本王者に

共和出身プロボクサー

石澤開選手、日本王者に スポーツ

ミニマム級 8回TKOで

1月20日号

フラッグフットで日本一

ライズジュニア

フラッグフットで日本一 スポーツ

小学生部門 チーム初

1月13日号

学生が企画「水族館展」

北里アクアリウムラボ

学生が企画「水族館展」 教育

開設10周年記念の特別展

1月13日号

3回目 「集団」で前倒し

新型コロナワクチン接種

3回目 「集団」で前倒し 社会

希望者の受付期限を延長

1月6日号

区内2761人が門出

成人式

区内2761人が門出 文化

感染対策し分散で実施

1月6日号

あっとほーむデスク

  • 1月20日0:00更新

  • 1月13日0:00更新

  • 1月6日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook