さがみはら中央区版 掲載号:2022年6月23日号 エリアトップへ

はやぶさWEEK 宇宙通じ市の魅力発信 新マンホールや看板披露

文化

掲載号:2022年6月23日号

  • LINE
  • hatena
【上】JR淵野辺駅の改札口前に新たに設置された看板【下】駅北口の商店街歩道に設置された「ガンダムマンホール」を撮影する見物客=6月12日撮影
【上】JR淵野辺駅の改札口前に新たに設置された看板【下】駅北口の商店街歩道に設置された「ガンダムマンホール」を撮影する見物客=6月12日撮影

 小惑星探査機「はやぶさ」が地球に帰還した2010年6月13日を記念して制定した「はやぶさの日」にちなみ、相模原市内でさまざまなイベントを実施する「はやぶさWEEK」が6月11日から19日まで行われた。

 20年12月に地球に帰還した小惑星探査機「はやぶさ2」が持ち帰った小惑星リュウグウの試料の解析について論文がこのほど発表され、多くの注目が集まる中での開催となった「はやぶさWEEK」。12日にはJAXA相模原キャンパスの最寄り駅のJR淵野辺駅南北自由通路で、オープニング式典が執り行われた。

 あいさつに立ったはやぶさ2プロジェクトの吉川真ミッションマネージャは、イベントの一環でリュウグウ試料のレプリカを相模原市や市民団体と協力して全国に発送したことに触れ、「こんなに小さな石ころから46億年前の広大な宇宙を旅できる。相模原から全世界にサンプルが広がっていくことは画期的」と笑顔を見せた。

 式典では、人気アニメ「機動戦士ガンダム」とコラボしたマンホール蓋をPRする案内看板の除幕式が行われたほか、式典後にはマンホール蓋が設置され、見物客でにぎわった。

生命起源に迫る材料

 JAXA相模原キャンパス内の宇宙科学探査交流棟では11日から、リュウグウ試料の実物を常設展示中。地球が誕生した当初のままの状態である小惑星から採取され、生命の起源に迫る物質として話題を呼んでいる試料を一目見ようと、市内外から多くの人が訪れている。横浜市から見学に来た4歳の男の子は「色が黒くて驚いた」と感想を話した。同試料のレプリカが区内では、市立博物館や中央公民館でも見ることができる。

宇宙科学探査交流棟に展示されたリュウグウ試料を紹介するJAXA広報の大川拓也さん
宇宙科学探査交流棟に展示されたリュウグウ試料を紹介するJAXA広報の大川拓也さん

未来へつなぐ、家づくり

相模原で30年。お客様の暮らしに寄り添った住宅をお届けします。

http://www.thirty-four.co.jp

相模原市から大切なおしらせ

市民税非課税世帯等に臨時特別給付金を支給しています

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kurashi/fukushi/1024533.html

<PR>

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

和泉短大が授業研究会

和泉短大が授業研究会 教育

小中学校との連携を強化

6月30日号

独自グッズで応援

田名北小学校

独自グッズで応援 文化

6月30日号

夢・挑戦・達成

祝D1昇格ダイナボアーズ 

夢・挑戦・達成 教育

6月30日号

「どんどん強くなって」

「どんどん強くなって」 スポーツ

九沢小児童がエール

6月30日号

菅井汲作品展

菅井汲作品展 文化

誠文堂で4日から

6月30日号

チャリティCに3組6人を招待

平浜ひろしさん

チャリティCに3組6人を招待 社会

6月30日号

あっとほーむデスク

  • 6月30日0:00更新

  • 6月23日0:00更新

  • 6月16日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook