さがみはら中央区版 掲載号:2022年6月23日号 エリアトップへ

みんなで福祉のまちづくり 〜地域の支えあい活動は、賛助会員によって支えられています〜

社会

掲載号:2022年6月23日号

  • LINE
  • hatena
折鶴アート「共に」と「にこまる」左:地区社協・山口会長、右:公民館・木下館長
折鶴アート「共に」と「にこまる」左:地区社協・山口会長、右:公民館・木下館長

清新地区の取組

 清新地区社会福祉協議会では、「地域住民の参加と支えあいによる福祉のまちづくり」を合言葉に、自治会をはじめ、民生委員児童委員協議会や地区内の関連団体、住民の皆さんの理解と協力を得ながら地域の支えあいや交流を深めることを目指して活動しています。

お互いに支えあう仕組み

 「ちょこっとボランティアくらぶ」(以下、ちょこボラ)は、「草むしりが大変」、「電球交換ができない」、「古新聞をまとめるのが大変」など、高齢者や障がいのある方を対象とした「ちょっとした困りごと」を住民同士で支えあうことを目的に始めた活動です。地域コミュニティの希薄化が進む中、お互いに支えあう仕組みとして、平成24年から本格的に活動を始め、今年で10年目を迎えました。高齢の一人暮らしの方からは、「子どもが遠方にいて、ちょっとした困りごとを頼みづらかったが、ちょこボラに頼むことができてとても助かった」と喜ばれています。

 「誰もが顔見知り」となるような関係が作れればという願いや、ちょこボラ活動者を増やし、また、多くの方に活動を知ってもらいたいという思いで、活動を続けています。

折鶴に願いを込めて

 コロナ禍で社会生活が制限される中、子どもたちとのつながりを保つために、折鶴アートを企画し、地区内2か所の児童クラブに折鶴作成を依頼しました。子どもたちが力を合わせて鶴を折り、地域の大人たちがそれを引き継ぎ、丁寧に折鶴へ紐を通し、完成させました。色とりどりの鶴たちで「共に」の文字と市社会福祉協議会のキャラクター「にこまる」をデザインした作品は、公民館の活動報告パネル展で展示されました。

 清新地区社協の山口会長は、「お互いに支えあい『共に』暮らして行ける地域社会を目指して、これからも『みんなで福祉のまちづくり』を進めていきたいと思います」と述べられました。

 この他にも市内では、様々な住民による支えあい活動が行われており、賛助会費は、その貴重な財源になっています。

 是非とも多くの皆様からのご支援をお願いします。(問)市社協総務課【電話】042・730・3888 

ちょこボラ活動者による庭木の剪定の様子
ちょこボラ活動者による庭木の剪定の様子

未来へつなぐ、家づくり

相模原で30年。お客様の暮らしに寄り添った住宅をお届けします。

http://www.thirty-four.co.jp

相模原市から大切なおしらせ

市民税非課税世帯等に臨時特別給付金を支給しています

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kurashi/fukushi/1024533.html

<PR>

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

和泉短大が授業研究会

和泉短大が授業研究会 教育

小中学校との連携を強化

6月30日号

独自グッズで応援

田名北小学校

独自グッズで応援 文化

6月30日号

夢・挑戦・達成

祝D1昇格ダイナボアーズ 

夢・挑戦・達成 教育

6月30日号

「どんどん強くなって」

「どんどん強くなって」 スポーツ

九沢小児童がエール

6月30日号

菅井汲作品展

菅井汲作品展 文化

誠文堂で4日から

6月30日号

チャリティCに3組6人を招待

平浜ひろしさん

チャリティCに3組6人を招待 社会

6月30日号

あっとほーむデスク

  • 6月30日0:00更新

  • 6月23日0:00更新

  • 6月16日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook