さがみはら中央区版 掲載号:2022年7月28日号 エリアトップへ

独演と演奏『朗読演劇の夕べ』を8月6日にメイプルホールで上演する 井上 弘久さん 千代田在住 69歳

掲載号:2022年7月28日号

  • LINE
  • hatena

信じ続ける演劇の力

 ○…若い頃から演じることの力を信じ、舞台俳優として険しい道のりを歩み続けてきた。朗読演劇には、映像とも、文学とも違う魅力があると語る。「演じる僕を100人が観れば、それぞれが違う想像をする。観客の心の中に世界が描かれるきっかけをつくっている」。相模原には20年前から住んでおり、一時は自治会役員を務めるなど地域活動にも熱心だ。この夏、相模原の地で、深い思い入れのある作家・石牟礼道子の作品を含む舞台を上演する。

 ○…東京都・広尾生まれ。人前で話すのが苦手な子だった。高校2年の学園祭のクラス劇で、端役ながらも長台詞を任され、演劇の楽しさを知る。「現実は取り返せないけれど、演劇は何度でも練習して修正できる」。大学卒業後は町工場に就職するも、27歳のときに劇作家・太田省吾の舞台『小町風伝』を観てその美しさに衝撃を受ける。「研究生として一から学びたい」と、太田氏が主宰する転形劇場への入団を決めた。故・大杉漣さんは劇団の先輩で、「本当に面倒見のいい人だった」と懐かしむ。同劇団解散後、同期の仲間と劇団「Uフィールド」を旗揚げ。俳優、また演出家として約20年間夢中で走り続けた。

 ○…還暦を過ぎ、朗読劇の独演を始める。自分なりの表現を模索していた2015年、立ち寄った図書館で石牟礼道子の『椿の海の記』を目にすると「自分の大切にしているものがここにある」と確かな感触を覚え、18年から約3年かけて全11章を演じきった。現在も石牟礼作品を中心に、各地で公演を行う。

 ○…これからは、常に日本中のどこかで『椿の海の記』を演じている状態を目指す。「俳優は、70代が一番脂ののっている時期。ここから目一杯勝負する」

さがみはら中央区版の人物風土記最新6

佐藤 祐一郎さん

国際ロータリー第2780地区の2022―23年度のガバナーを務める

佐藤 祐一郎さん

東京都中野区在住 64歳

8月18日号

阿部 徳子さん

神奈川県看護協会の相模原支部長に就任した

阿部 徳子さん

田名在住

8月11日号

笹本 睦(まこと)さん

レスリング男子グレコローマンスタイル全日本チームのヘッドコーチを務める

笹本 睦(まこと)さん

矢部在住 44歳

8月4日号

井上 弘久さん

独演と演奏『朗読演劇の夕べ』を8月6日にメイプルホールで上演する

井上 弘久さん

千代田在住 69歳

7月28日号

樋川 芳雄さん

公益財団法人神奈川県スポーツ協会の副会長に就任した

樋川 芳雄さん

陽光台在住 74歳

7月21日号

原 由子(ゆうこ)さん

星が丘公民館で毎年行われている「メダカ飼育教室」の講師を務める

原 由子(ゆうこ)さん

千代田在住 74歳

7月14日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 県政の課題を問う

    県政報告Vol.56

    県政の課題を問う

    自民党県議会議員 河本(かわもと)文雄(ふみお)

    8月18日号

あっとほーむデスク

  • 8月18日0:00更新

  • 8月11日0:00更新

  • 8月4日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年8月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook