さがみはら南区版 掲載号:2011年1月20日号
  • googleplus
  • LINE

常連作 50点展示 ワインの思い出"水彩"に

入口から2Fへ上がる壁などに展示。「嬉しい限り」と座間オーナー
入口から2Fへ上がる壁などに展示。「嬉しい限り」と座間オーナー

 女子大通りのイタリア料理店『イル・ヴィネイト』(南区相模大野)では平成4年の開店以来毎月、おすすめのワインとそれに合う料理を楽しむ「会」を催している。今月はじめ、そのワイン会の常連、阿部恭子さん(南区若松)によるボトルの水彩画約50点が、店内に張り出された。

 阿部さんはもともと絵画が趣味で、4年前のワイン会初参加以来、その時に飲んだ銘柄を描いていた。ボトルだけでなく、ワインの味、歴史も記載。毎月の思い出を、鮮やかな水彩画で記録してきた。座間オーナーは「たくさんお酒を飲みたくなる素敵な空間になりました」と展示を非常に喜んでいる。 

 ちなみにオーナー(63歳)は30歳までお酒は飲めなかったそう。それがある日、「ボルドー・メドック格付け5級CHポンテ・カネ」を口にしたところ、感動。以来、ワインの虜となり、ソムリエの資格を取得するほどに。店舗では、その美味しさをたくさんの人に知ってもらおうと、ワイン会を企画した。

wine_ct02_0120.jpg

wine_ct03_0120.jpg

会には毎月15人ほどが集まる。次回のワイン会は来月9日(水)20時から。テーマは「冬の料理に合うワイン」。何が飲めるかはお楽しみに。詳細は同店【電話】042-766-1188まで。

さがみはら南区版のローカルニュース最新6件

さがみはら南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク