さがみはら南区版 掲載号:2011年3月24日号
  • googleplus
  • LINE

タウンレポート 聞こえていますか?「ひばり放送」 停電情報で市民混乱 内容確認は【電話】0180-994-839へ

 東日本大震災による電力供給不足に伴う、輪番停電の告知など、先週は相模原市の防災行政用同報無線・ひばり放送が幾度となく使用された。情報が錯綜し混乱する中、その状況を市民に伝えようと努める人たちを追った(18日取材)。

1週間で44回

 市内に設置されている放送塔は約500基。制御をする市危機管理室・予防対策班(中央区中央)では、災害発生日から18日までの1週間で44回、1日平均5・5回の放送を流した。

 それと共に「聞こえづらい」という苦情・意見も市に間断なく寄せられた。アナウンスはここ数年で、音割れや音声のこもりが多くみられたアナログ放送から“デジタル”に切り替えたばかり。それだけに、同班では困惑の色を隠せない。対応にあたっているのは5人ほど。「(一週間経過した今では)電話は少し落ち着きましたが、それでもまだ家に帰ることができません」。

 緊急情報受信の仕方として、ひばり放送のほかに、市のホームページ(HP)がある。しかし、「そこに情報がある」と言っても、それを見られない環境の人も多いはず。緊急時はHPも混雑する。また、今回の場合、HPを見ても、輪番停電は東京電力のグループ分けが(変電所や送電線の関係からか)行政の区域とは異なっていたため、市民からすると、“分かりづらさ”が不安に輪をかけた形となった。問い合わせの多さに、市広聴広報課では急きょ、HPに簡易リストを作成した。

 こんな混乱を受け、政治家からも行動があった。

“転記”ブログが活躍


 輪番停電の予定表を印刷し配布する者。義援金を呼び掛け駅に立つ者。地元地域を回って声をかけたり、状況を聞いたり、時には行政との仲介役となったり…。

 また、「ひばり放送が聞こえない」との市民の声に応えるために、自身のブログとツイッターに放送の内容を転記し続ける者もいた。その結果、内容を掲載したブログには1日で、普段の5、6倍にあたる300超のユニークアクセス(新規での閲覧)を記録。この状態はしばらくの間、続いたそうだ。

−・−・−・−・−・−・

 管理室では、ひばり放送の内容を確認する場合、災害時ダイヤル(【電話】0180・994・839)の利用を推奨している。

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

さがみはら南区版のトップニュース最新6件

「ロボのまち」世界へ発信

相模原市

「ロボのまち」世界へ発信

4月19日号

「夢かなセンター」誕生

相模女子大

「夢かなセンター」誕生

4月19日号

100歳翁が語る郷土史

初の日本人優勝者に

相南在住古海行子さん

初の日本人優勝者に

4月12日号

「不定期で続けます」

釣り堀遊び野口徹也さん

「不定期で続けます」

4月5日号

「相模原事典」を作成

郷土史家涌田夫妻

「相模原事典」を作成

4月5日号

さがみはら南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年4月19日号

お問い合わせ

外部リンク