さがみはら南区版 掲載号:2011年4月21日号
  • googleplus
  • LINE

タブロイド紙を発行

全24ページ、定価500円。同大学ほか、全国のミュージアムショップ等で取り扱い。問い合わせは同大学大学院GP室【電話】042・778・6148まで。
全24ページ、定価500円。同大学ほか、全国のミュージアムショップ等で取り扱い。問い合わせは同大学大学院GP室【電話】042・778・6148まで。

 女子美術大学(大学院GP/南区麻溝台)ではこのほど、タブロイド紙「Na+(エヌエープラス)」を発行した。

 美術家の森村泰昌さんをはじめ、研究者、アーティスト等、芸術生産にかかわる様々な人々が登場。それぞれが多様な形式のテキストやビジュアルで、テーマである”ナショナリズムと芸術生産”を表現している。

 制作はキュレーターのチェ・キョンファさん、オーガナイザーの井上文雄さん、そして、同大学教授の杉田敦さんがメーンとなって行われた。同大学の学生も参加している。杉田教授には「将来、相模大野にアートセンターを」という構想があり、今回の発行も「その一環になれば」と話している。
 

さがみはら南区版のローカルニュース最新6件

さがみはら南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク