さがみはら南区版 掲載号:2011年10月27日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

インプラント「金額より知っておきたいこと」 取材協力/カタクラデンタルクリニック

1本37万円の秘密

 1本十数万円―――。失った歯の代わりに人工の歯根を埋め込む「インプラント治療」について、そのような表記を目にすることがよくある。患者にとってみれば、同じモノを使い同じ治療を受けられるなら、安いに越したことはない(インプラントは保険外治療)。しかし、インプラントに限らず、”安さの裏には何らかの秘密がある”という考え方もある。

 「金額より知っておいてもらいたいことがたくさんあるんです」。南区磯部の『カタクラデンタルクリニック・インプラントセンター』の片倉玄院長はそう話す。「何でも”安くていいもの”はありません。必ずどこかにコストがかかっていないわけで、つまり、それはどこかに欠陥があるということ。もし、医療において『慎重さに欠ける』ような欠陥があったら大変なことになりますよ」。現在、インプラント業界においても一流ブランドの類似品、中国・韓国製の安価な製品が出回っているそう。また、昨年にはインプラントの使い回し事件も世間を騒がせた。「これでは患者さんが被害者になってしまいますよ」。

 院長は、治療とは「患者と医師の意思疎通がうまくいって初めて成功するもの」と考える。互いに信頼関係を築いてから行うことが、何より大切だと知っている。

 同クリニックではインプラント治療の際、初来院の患者に対して、その日に治療をすることはない。まずはカウンセリング。じっくり時間をかけて歯の現状、治療内容、術後のケアについてなどを説明する(金額の詳細も)。「一番提供したいのは”安心”です。そのために自分が考えていることを素直に伝え、また、患者さんの思いをじっくり聞きとるようにしています」。

 片倉院長は大学病院勤務時代、口腔外科医として、現場で様々な症例を診てきた。救急医療に携わり、数々の修羅場を経験。オペ技術においては、こういった場から”知識以上のこと”を習得した。一般的に手術の際の痛み・その後の症状の安定などは、担当医の技術によっても違いがでるそう。片倉院長はインプラントの配置の工夫などで、”体に負担が掛かりにくい”治療を実践。費用負担も必要最低限に抑えるやり方を心がけているという。現在は磯部だけでなく、町田にも医院を構え、他県から出張オペの依頼も受けている。

 1本370,000円―――。これがカタクラクリニックのインプラント治療の価格。手術は専用のオペ室で。医療器具は感染予防のため使い捨て。取り扱うインプラントはスウェーデンの一流ブランドもの。そして、30年先を見据えての治療で、10年の保証つき。「自分が提供する”安心”は、これまでの経験と培ってきた技術によるもの。安価な製品を使うこともありません。だからこの価格になるのです」。片倉院長のインプラントに、安くできる秘密はどこにもなさそうだ。
 

カタクラデンタルクリニック

相模原市南区磯部1460-14

TEL:046-257-2733

http://www.kdc-implant-center.jp

さがみはら南区版のピックアップ(PR)最新6件

さがみはら南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク