ホーム > さがみはら南区版 > ローカルニュース > 初節句"4世代"で待ちわびる

さがみはら南区

初節句"4世代"で待ちわびる

Check
この記事をはてなブックマークに追加
この記事をGoogle Bookmarksに追加
本田さんの自宅にて。左から瑛太ちゃんの曾祖母・洋子さん、祖母・詔子さん、姉・新奈ちゃん、瑛太ちゃん、母・優美さん(27)。カメラの横には、ぬいぐるみを手に「瑛太、こっち向いて」と目線をとらえる叔母・まどかさん(22)の姿もあった。
本田さんの自宅にて。左から瑛太ちゃんの曾祖母・洋子さん、祖母・詔子さん、姉・新奈ちゃん、瑛太ちゃん、母・優美さん(27)。カメラの横には、ぬいぐるみを手に「瑛太、こっち向いて」と目線をとらえる叔母・まどかさん(22)の姿もあった。

 「今年は、ひ孫さんの初節句を祝う方が4人も続きました」と稲村人形店(南区松が枝町)の野口かおりさんは声を弾ませる。同店は当地で40年近く営業、世代を越えた顧客も多数いるが、”ひ孫のために”と自ら来店する人は、これまで「滅多になかった」そう。

 本田洋子さん(70/相武台団地=写真左)も、御園に住む2人目のひ孫・瑛太ちゃん(7か月=写真右から2人目)にと、娘の詔子さん(46)と一緒に同店を訪れた。気に入ったものを孫夫婦に”写メール”で送り、3世代で選んだという鎧兜は、居間で威風堂々の存在感を放っている。「15年ほど前、稲村さんに、母の形見の着物で日本人形を3体作ってもらい、親類に大変喜ばれました。お顔が一つひとつ違ったのは手作りだからでしょうね」と洋子さん。初ひ孫の誕生でそれを思い出し、瑛太ちゃんの姉・新奈ちゃん(2=写真中央)にも雛人形を贈ったそうだ。
 

関連記事

powered by weblio


さがみはら南区版のローカルニュース最新5件一覧へ

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月18日0:00更新

  • 3月21日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月16日号

お問い合わせ

外部リンク

  • さがみはら中央区
  • さがみはら南区
  • さがみはら緑区
  • 町田