ホーム > さがみはら南区版 > ローカルニュース > "大凧"南風に30分

さがみはら南区

"大凧"南風に30分

Check
この記事をはてなブックマークに追加
この記事をGoogle Bookmarksに追加

 市内のゴールデンウィークの風物詩となっている『相模の大凧まつり』(主催/同実行委員会)が4、5日、相模川新磯地区河川敷で開催された。昨年は、東日本大震災の影響で中止。2年ぶりの実施となった今年は2日間で、のべ16万人が来場した(主催者発表)。

 新戸、勝坂、下磯部、上磯部の4会場で、最大14・5m四方の凧揚げを行い、端午の節句を祝う、このイベント。”日本一”の大凧まつりとして知られ、今年も多くの人出で賑わった。

 風速や風向きが凧揚げに不向きであり、午後は雨が降った4日。大凧への挑戦は見送られ、翌日の好天を待った。

 5日は、正午過ぎから良好な南風が吹き始め、各会場とも果敢に大凧揚げにチャレンジ。来場者は固唾を呑んでその様子を見守り、テイクオフの瞬間には、大きな歓声と拍手が沸き起った。4会場で最長滞空時間を記録したのは新戸会場(28分50秒)。下磯部、上磯部会場では大凧の骨組みが折れるアクシデントも発生した。

 今年度の実行委員長を務めた、吉澤美芳(みよし)さん(68、南区磯部)は、「ブランクがあったため、各会場とも揚げるタイミング等の勘が鈍っていたようです。ただその中でも、30分近く飛行した地区もあり、成功といえるのではないでしょうか」と、喜びを語っていた。
 

  • 今年はタイからテレビ局が来相。カメラクルーが大凧まつりの模様を密着取材した今年はタイからテレビ局が来相。カメラクルーが大凧まつりの模様を密着取材した

関連記事

powered by weblio


さがみはら南区版のローカルニュース最新5件一覧へ

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月18日0:00更新

  • 3月21日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月16日号

お問い合わせ

外部リンク

  • さがみはら中央区
  • さがみはら南区
  • さがみはら緑区
  • 町田