ホーム > さがみはら南区版 > ローカルニュース > 「昨年2倍」風疹の予防対策を

さがみはら南区

「昨年2倍」風疹の予防対策を

Check
この記事をはてなブックマークに追加
この記事をGoogle Bookmarksに追加

 近畿地方で風疹が流行傾向にあることから先月、厚生労働省は全国の自治体に注意喚起の通知を出した。市保健所疾病対策課は、市内で流行の兆しはない(6月7日取材時点)が、今後可能性はあるとして、市民に注意を呼びかけている。

 国立感染症研究所によると、今年1月2日から5月20日までに風疹に感染した人は205人。これは昨年同時期の約2倍にあたる。

 風疹の症状は主に発熱、発疹、リンパ節腫脹(しゅちょう)。また、妊娠初期の女性が感染すると、生まれてくる子どもが先天性の心疾患や難聴などになる確率が高まるという。

 せきやくしゃみなどで飛沫(ひまつ)感染するため、手洗いやうがいの励行、人ごみではマスクをするなどの予防策が有効で、予防接種を受けることも大切。同課では「妊婦の旦那さんなどは特に予防接種を受けることをおすすめします。また妊娠中は接種できないので注意を」と話している。

 市では、【1】1〜2歳未満、【2】幼稚園等の年長児を対象に、麻しん・風疹の予防接種を無料で実施している(対象者には通知でお知らせ)。詳細は同課【電話】042・769・8346まで。
 

関連記事

powered by weblio


さがみはら南区版のローカルニュース最新5件一覧へ

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月18日0:00更新

  • 3月21日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月16日号

お問い合わせ

外部リンク

  • さがみはら中央区
  • さがみはら南区
  • さがみはら緑区
  • 町田