さがみはら南区版 掲載号:2012年9月27日号
  • googleplus
  • LINE

今年創立50周年を迎えた、相模原華道協会会長 正(まさ)奈史(なふみ)さん 南区相模台在住 73歳

愛(め)でる心「和室の外へも」

 ○…半世紀の活動の足跡を喜ぶというよりは、危機感でいっぱいのようだ。ある時、孫と一緒に花を生けた。「ばぁば、家に飾る所がないよ」─。洋風の立体的な設(しつら)えの”今の住宅”では尚更(なおさら)、余分な空間は少ない。和室もそもそもなくなってきた。かつては840人いた会員も、現在は300人ほどに。「先人からの文化。その一部が私たちのアイデンティティになっている」。侘(わび)・寂(さび)、幽玄、そして自然を愛でる心…。これからも”私たちであるため”に、文化の継承に努める。

 ○…静岡県出身、結婚を機に相模原へ。それまでは中学校の体育教師を務めていた。「声が大きすぎて、周りの教室からは『うるさい!』って」。その歯切れのいい声は、今でも健在だ。大学在学中に取得した師範免許で、子育て中の27歳のとき教室を開く。「女性にも自活が必要と思って」と奮起した。協会の会長は、務めて8年。定期的に会員による展覧会を開いている。

 ○…趣味は絵画。海外旅行でも、いつもスケッチブックを携える。カッパドキア(トルコ)、モンサンミッシェル…。デッサン画をよく見ると、紙にメモらしきものが。「描いていると、お花のアイディアが思い浮かぶの」。閃(ひらめ)きはところ構(かま)わず書き記(しる)してしまうのだそう。

 ○…作品を入れる花器(かき)や剣山…。花代(はなだい)だって馬鹿にならない。住居もすっかり洋風化した。取り巻く経済的、文化的状況は逆風そのもの。「伝統的な形式ももちろん大事。けど、もっと本質的なのは花を愛する精神」。形にこだわりすぎて、それが障壁になる。そこで団体では、先月には大型スーパーにも出向き、体験イベントを行った。”まずはここにある好きなお花を手にとってみて下さい”。花器にはペットボトルや醤油瓶(びん)など、ごく身近にあるものを使用。それはそれで、けっこう様になるそうだ。「和室にだけ閉じこもっていてはダメ。もっと外へも出なくちゃ」。声を大にして、仲間に呼びかけている。
 

さがみはら南区版の人物風土記最新6件

片山 真さん

相模原南警察署長に着任した

片山 真さん

4月12日号

杉山 愛莉さん

卒業制作「大猫(びょう)行列」がギオン相模原大賞、女子美術大学卒業制作賞を受賞した

杉山 愛莉さん

3月29日号

鈴木 雅彦さん

地元相模原で生まれ育ち、初めて剣道最高段位「八段」を取得した

鈴木 雅彦さん

3月22日号

小野寺 彩(ひかり)さん

ユニコムプラザさがみはらで展示中の作品「ゆめうつつ」を制作した

小野寺 彩(ひかり)さん

3月8日号

高倉 豪さん

市立環境情報センター所長を務める傍らトライアスロン選手としても活動する

高倉 豪さん

3月1日号

平岡 亮一さん

市歌「相模原市民の歌」に合わせ、体操をベースにしたオリジナル振付を考案した

平岡 亮一さん

2月22日号

さがみはら南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「さくら」の競演

「さくら」の競演

相模川芝ざくらまつり

4月1日~4月20日

さがみはら南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年4月12日号

お問い合わせ

外部リンク