さがみはら南区版 掲載号:2012年11月22日号
  • googleplus
  • LINE

虐待から守ろう

社会

 相模原市が取り組む児童虐待防止推進月間にちなんで8日、和泉短期大学(中央区青葉・伊藤忠彦学長)の学生が相模大野駅で虐待防止を呼びかけるオレンジリボンの配布を行った=写真。

 同大学には、保育・児童福祉を志す学生が在籍。学生らにとって児童虐待防止の啓発活動に関わることは意義深いとして、2009年からこうした活動を行っている。今年は、ボランティアサークルに所属する学生らを中心に、これまでで最多の23人が相模大野に集結した。

 学生らは「子どもを虐待から守ろう」と記されたのぼり旗を掲げ、道行く人々一人ひとりに虐待防止を呼びかけた。同サークルの加賀谷沙織部長(2年生)は、「オレンジリボンはまだ浸透してはいないけれど、こういう活動から興味を持ってもらえれば」と活動の意義を話していた。学生らは寒空の下、計500個のオレンジリボンや啓発グッズを手渡した。
 

さがみはら南区版のローカルニュース最新6件

さがみはら南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「さくら」の競演

「さくら」の競演

相模川芝ざくらまつり

4月1日~4月20日

さがみはら南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年4月12日号

お問い合わせ

外部リンク