さがみはら南区版 掲載号:2013年1月1日号
  • googleplus
  • LINE

箱根駅伝に出場する、青山学院大学陸上部・主将 出岐(でき)雄大(たけひろ)さん 社会情報学部4年 22歳

背中で語る”レジェンドへ”

 ○…「4年間で一度でも箱根を走れればいいか」――。入学した当時は、新入生部員の中でも12番中7番目のタイム。しかし、その時からわずか半年足らずで、箱根デビュー。2年の時には、「エースの風格が出てきた」と原晋監督からお墨付きをもらい、「花の2区」を颯爽と駆け抜けた。そして、昨年。フレッシュグリーンのユニホームは、ぐんぐんと前へ。他校のエース9人を追い抜く圧巻の走り。「みんな同じ人間。コツコツと練習を積み重ねてきただけです」。キャプテンとして、超(スーパー)エースとして、明日・明後日、最後の箱根路へ挑む。

 ○…長崎市の出身。地元では急な坂道が多く、階段の上り下りが足腰の強さに繋がった。高1まではサッカー部に所属していたが、ある日、長距離走のタイムが陸上部監督の目に留まった。「入部してくれとは言わない。その日だけ、走ってくれないか」。母校の駅伝チームの一員として大会に駆り出された。”途切れないよう、そして少しでも早く仲間のもとへ”。決して強いチームではなかったが、一本のタスキへ込められたチーム全員の思いに、駅伝の素晴らしさを知った。

 ○…学部は東京・青山キャンパスで授業がないため、4年間相模原キャンパスへ通った。趣味は読書。ジャンルを問わない”雑食系”で、町田駅周辺の書店へ寄っては、4軒・5軒はしごをしてしまうことも。

 ○…昨年春に足首の怪我をし、「苦しいことが続いた」今シーズン。チームを上手に、まとめられていないと感じたこともあった。「いい走りができないと、チームメイトを鼓舞しても説得力に欠ける。背中で語れないと誰もついてきてくれない」。自分の走りを取り戻すための夏合宿へ挑んだ。そして、10月、チームは出雲駅伝を初制覇。箱根優勝を果たせば、こちらも大学初の快挙だ。後続を置き去りにする、主将の凛々しい背中――。青学のレジェンドとなれるか?明日、号砲がならされる。
 

さがみはら南区版の人物風土記最新6件

片山 真さん

相模原南警察署長に着任した

片山 真さん

4月12日号

杉山 愛莉さん

卒業制作「大猫(びょう)行列」がギオン相模原大賞、女子美術大学卒業制作賞を受賞した

杉山 愛莉さん

3月29日号

鈴木 雅彦さん

地元相模原で生まれ育ち、初めて剣道最高段位「八段」を取得した

鈴木 雅彦さん

3月22日号

小野寺 彩(ひかり)さん

ユニコムプラザさがみはらで展示中の作品「ゆめうつつ」を制作した

小野寺 彩(ひかり)さん

3月8日号

高倉 豪さん

市立環境情報センター所長を務める傍らトライアスロン選手としても活動する

高倉 豪さん

3月1日号

平岡 亮一さん

市歌「相模原市民の歌」に合わせ、体操をベースにしたオリジナル振付を考案した

平岡 亮一さん

2月22日号

さがみはら南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「さくら」の競演

「さくら」の競演

相模川芝ざくらまつり

4月1日~4月20日

さがみはら南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年4月12日号

お問い合わせ

外部リンク