さがみはら南区版 掲載号:2014年3月20日号 エリアトップへ

麻布大学教授で、食品の品評会「DLGコンテスト日本大会」の審査員を務める 坂田 亮一さん 中央区淵野辺在勤 60歳

掲載号:2014年3月20日号

  • LINE
  • hatena

食肉を「美味しく正しく」

 ○…麻布大学食品科学研究室の教授。世界最大規模の品評会「DLG(ドイツ農業協会)ハム・ソーセージ品質競技会」に2007年から客員審査員で参加。日本の大学からは初の審査員として、日本製品の品評にあたっている。例年、高評価を得て、出品数も多い日本製品が、原発の影響でドイツへの出品が困難になったため、2012年から日本国内での開催に踏み切り、それが恒例となった。「日本で定期的に開催されるようになったのは大変嬉しいこと」。食肉加工のプロとして、格付けのために目を光らせる。

 ○…福岡県出身。家で犬や鳥を飼っていたことから、動物に興味を持つように。「昔から人と違うことをするのが好きだった」という学生時代、畜産は周りに志望者が少なく、将来の進路の幅が広がると思い、畜産科学を志して宮崎大学に進学。公務員として働いていた時に九州大学院時代の恩師に誘われ、麻布大学へ。「自分が人を指導する立場になるなんて。『先生』と呼ばれるのはこそばゆい気持ちだった」。以降、恩師と二人三脚で食肉の研究と共に、教育にも熱を注いだ。

 ○…大学内の仕事でせわしない毎日を送るが、多趣味な一面も。愛犬との散歩にガーデニング、格闘技観戦と休日も大忙し。「肉組」と愛称をつけた自分の研究室の学生と飲みに出掛けることも多い。還暦を迎えた際にも学生が盛大に祝ってくれたことを振り返り、口元がほころぶ。「肉を食べて、学生のエネルギーを受けることが若さの秘訣」

 ○…審査会では、数々のハム・ソーセージを前に、味や形、色などを吟味する。「美味しく、正しい食肉の知識を伝えていきたい」と日本の食の未来を担う大舞台に気合は十分だ。一方で、自身はあと5年で定年を迎えるため、後継の育成が急務ととらえる。「食べる」という人々共通の喜びをさらに充実させるため、「肉組」の学生と共に、食肉を追究していく。

住まいの大相談会

5/18・19 相模大野ステーションスクエア3Fアトリウム広場

https://www.odakyu-chukai.com/branch/sagamiono/

<PR>

さがみはら南区版の人物風土記最新6

永保 固紀(もとのり)さん

2020年度市民文化表彰を受賞した

永保 固紀(もとのり)さん

中央区水郷田名在住 77歳

1月14日号

飯塚 侑さん

1月1日付で公益社団法人相模原青年会議所(相模原JC)の新理事長に就任した

飯塚 侑さん

緑区大島在住 36歳

1月7日号

秋山 太郎さん

4人組お笑いユニット「ガーリィレコードチャンネル」として活動する

秋山 太郎さん

南区相模台出身 28歳

1月1日号

でえぬのよすこさん(本名:米田好子)

ボランティアで培った歌唱を動画投稿サイト「ユーチューブ」で配信する

でえぬのよすこさん(本名:米田好子)

相模大野在住 79歳

12月10日号

大野 幸治さん

このたび相模原市少年鼓笛バンド連盟の会長に就任した

大野 幸治さん

旭町在住 49歳

11月26日号

草野 佑太さん

1月に発足したバスケットボールチーム「相模原プロセス」の代表を務める

草野 佑太さん

相模大野在住 23歳

11月19日号

あっとほーむデスク

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月10日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク