さがみはら南区版 掲載号:2014年4月24日号 エリアトップへ

4月9日に出版された「おべんとう めしあがれ」の絵を担当した 高原 美和さん 南区若松在住 水彩画家

掲載号:2014年4月24日号

  • LINE
  • hatena

手づくり絵本「めしあがれ」

 ○…出来立ての瞬間を絵の中へ――。から揚げ、卵焼き、煮物、スパゲティ…。作り立てを持って台所から作業場の二階へ駆け上がる。登場する弁当のほとんどは実際に作ったものだ。「写真で見たものでは納得いかないんです。目の前の本物の感動を伝えたくて」。3作目となる絵本・めしあがれシリーズ『おべんとう めしあがれ』がこのほど出版された。水彩画のカラフルな色遣いが、子どもの、大人の『食べたい』意欲を湧き立たせる。

 ○…3作続いた「めしあがれ」のテーマは、”手作り感”。本の制作に携わるまでほぼ描いたことのなかった料理の絵。描くにあたり思い出されるのは小さい頃、母と一緒に作った手料理の数々。お祝いのケーキは母お手製のイチゴのホールケーキ。食卓にはいつも手作りが並んでいた。「上手い絵が描ける人はいくらでもいる。でも明るくリアルに描ける人は稀有」。そう太鼓判を押す編集者と、母の思い出を重ねながら二人三脚で仕上げていった。

 ○…幼い頃から絵が好きだった少女が、本格的に絵の道を目指したのは高校2年生の頃。「サラリーマンでなく表現する仕事がしたかった」。進学した女子美術大学では日本画を専攻。その際に水彩画も勉強した。卒業後は別の仕事に就くも、結婚、出産を経て再び水彩画を学び始める。開いた個展に訪れた出版社から声がかかった。

 ○…夫と中学生の娘2人分の弁当を作って3人を朝送り出す。そのあと、再び絵のための弁当制作が始まるという”お弁当2重生活”は「とてもキツかった」。細かい表現に苦心し、何度もくじけそうになった制作途中。「本を見た娘が”エアおままごと”を始めた。絵の中の料理をアーンと食べさせてくれた」「見ていたらよだれが出てきました」。過去の作品を読んだ方のネットにあがっている声に何度も励まされた。絵本を開き、そう楽しんでくれることが喜びと微笑んだ。

住まいの大相談会

5/18・19 相模大野ステーションスクエア3Fアトリウム広場

https://www.odakyu-chukai.com/branch/sagamiono/

<PR>

さがみはら南区版の人物風土記最新6

永保 固紀(もとのり)さん

2020年度市民文化表彰を受賞した

永保 固紀(もとのり)さん

中央区水郷田名在住 77歳

1月14日号

飯塚 侑さん

1月1日付で公益社団法人相模原青年会議所(相模原JC)の新理事長に就任した

飯塚 侑さん

緑区大島在住 36歳

1月7日号

秋山 太郎さん

4人組お笑いユニット「ガーリィレコードチャンネル」として活動する

秋山 太郎さん

南区相模台出身 28歳

1月1日号

でえぬのよすこさん(本名:米田好子)

ボランティアで培った歌唱を動画投稿サイト「ユーチューブ」で配信する

でえぬのよすこさん(本名:米田好子)

相模大野在住 79歳

12月10日号

大野 幸治さん

このたび相模原市少年鼓笛バンド連盟の会長に就任した

大野 幸治さん

旭町在住 49歳

11月26日号

草野 佑太さん

1月に発足したバスケットボールチーム「相模原プロセス」の代表を務める

草野 佑太さん

相模大野在住 23歳

11月19日号

あっとほーむデスク

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月10日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク