さがみはら南区版 掲載号:2014年4月24日号 エリアトップへ

ガイドブックできました 木もれびの森 「保全につながれば」

掲載号:2014年4月24日号

  • LINE
  • hatena
木もれびの森でガイドブックを手にする高橋さん
木もれびの森でガイドブックを手にする高橋さん

 南区大野台、大沼、麻溝台地区に広がる樹林地「木もれびの森」のガイドブックがこのほど作成された。市の協働事業提案制度を活用し、特定非営利活動法人相模原こもれび(佐藤保理事長/会員数72人)と市水みどり環境課によって協働で作られた。A5判、カラー44ページ。市役所同課および南区、緑区の行政資料コーナーで配布されている。

 「木もれびの森」のガイドブックが作られたのは今回が初めて。冊子には森の歴史、森で見られる草花、樹木、動物、鳥、虫の数々。そしてボランティア団体や地域住民による保全活動の様子などが紹介されている。執筆、写真撮影については同法人の会員と関係者を中心に、市立博物館の学芸員らの協力を得て行われた。

 同団体の副理事長を務める高橋孝子さん(東大沼在住)によると、このガイドブックは約2年前に制作がスタート。「住宅地の近くで、これだけ大きな平地林(東京ドーム約15個分)が残っていることはとても珍しい。平坦で歩きやすいので、保全もしやすい森です」。ガイドブック作成の目的のひとつに「保全」がある。

 「原生林でないこの森を明るく安全であるよう保つには、人の手による保全が必要なんです」。雑木林はほうっておくと、高木化し、鬱蒼(うっそう)とした森になってしまう。低木を刈り、間伐をし、散策路を整備し、落ち葉をかき…高橋さんによると1年を通じて、「やること」は常にある。「森を歩く際は決まった道(散策路)を歩いていただきたい。そうでないと土が固くなり、植物が育たなくなってしまうんです(裸地化)」とも。同団体では年間30回ほど保全作業を行っている。会員の高齢化、人手不足が現在の悩みという。

 ゴールデンウィークの時期にはウワミズザクラをはじめ、様々な木の花が楽しめるそう。「先日はじめて野鳥のツミを確認しました。営巣(えいそう)してくれるといいですね」。高橋さんもこの森の魅力に魅せられた一人だ。

 40年ほど前、子育て環境にいいと考え川崎市から”森のすぐそば”に転居。森の恩恵をうけ、暮らしていた。

 しかし、子育てがひと段落した頃、「荒れている」ことに気が付いた。2001年、市のボランティア講座に参加したことをきっかけに、保全に力を注ぐように。2006年、同団体を設立した。「このガイドブックで森に関心を持ってもらい、保全についてもわかってもらえれば」(高橋さん)

 問い合わせは同法人事務局【携帯電話】090・4629・4843へ。

A000340643_03.jpg
木もれびの森ガイドブック(発行:相模原市水みどり環境課・特定非営利法人相模原こもれび)より

住まいの大相談会

5/18・19 相模大野ステーションスクエア3Fアトリウム広場

https://www.odakyu-chukai.com/branch/sagamiono/

<PR>

さがみはら南区版のトップニュース最新6

18年間の活動に幕

境川の道正山河畔林を守る会

18年間の活動に幕 社会

斜面緑地の整備に尽力

1月21日号

コロナ対策強化へ新体制

相模原市

コロナ対策強化へ新体制 社会

ワクチン接種準備も推進

1月21日号

外出自粛「強く要請」

緊急事態宣言市対応

外出自粛「強く要請」 社会

公民館など134施設休止

1月14日号

「安全安心の五輪やりきる」

新春知事インタビュー

「安全安心の五輪やりきる」 政治

感染防止へマスク会食も訴え

1月7日号

コロナ禍の「新しい成人式」

コロナ禍の「新しい成人式」 文化

分散開催 生中継も

1月7日号

新時代 生活基盤を最優先

市長インタビュー

新時代 生活基盤を最優先 政治

新型コロナ対応に全力

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月10日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク