さがみはら南区版 掲載号:2014年5月15日号 エリアトップへ

「駿風」ゆらめく 大凧まつり 17万人が来場

文化

掲載号:2014年5月15日号

  • LINE
  • hatena
8間凧が空を舞うと観客から歓声が上がった=4日、新戸会場
8間凧が空を舞うと観客から歓声が上がった=4日、新戸会場

 相模原市の恒例行事「相模の大凧まつり」(同実行委主催)が4日、5日、相模川新磯地区河川敷の4会場(新戸・勝坂・下磯部・上磯部)で開催された。

 5月の大型連休の名物イベントとして毎年多くの見物客で賑わうこの祭り。今年は4会場で2日間延べ17万人の観客が、相模の大凧文化保存会会員らによる伝統の凧揚げを見ようと河川敷に集まった。

 各会場には、相模原市のさらなる上昇を願い「駿風(しゅんぷう)」と書かれた凧が用意された。両日とも午後になって風が強まった今年は、初日の4日に下磯部会場で6間凧(10・8m四方)が2時間10分の滞空を記録。新戸会場では、4地区中最も大きい8間凧(14・5m四方)が約14分間滞空するなど昨年を上回る記録が生まれ、訪れた観客を沸かせていた。

 また今年は、市制施行60周年記念企画として市内の中高生が一部の凧の題字を揮毫(きごう)。「飛翔」「馬」「輝く命」などと書かれた3間凧(5・4m四方)が、生徒らの手によって大空を舞った。

 同まつりの吉澤美芳(よしざわみよし)実行委員長は、「2日間良い天気で風にも恵まれ、8間凧にも何度も挑戦できた。怪我がなく、無事に終わって非常にうれしく思う」と話した。また来年に向けて、「4地区一丸となって、しっかりと組織を組み立てていきたい」と抱負を語った。

 各地区の凧揚げ結果は以下の通り(▼会場=凧の大きさと揚げた回数/最長滞空記録(何回目か)

【4日】▼新戸=8間凧5回/14分23秒(5回目)▼勝坂=5・5間凧1回/5分5秒▼下磯部=6間凧5回/130分(5回目)▼上磯部=6間凧3回/60分(2回目)【5日】▼新戸=8間凧7回/1分11秒(7回目)▼勝坂=5・5間凧1回/20秒▼下磯部=6間凧2回/45分(2回目)▼上磯部=6間凧1回/30分

住まいの大相談会

5/18・19 相模大野ステーションスクエア3Fアトリウム広場

https://www.odakyu-chukai.com/branch/sagamiono/

<PR>

さがみはら南区版のローカルニュース最新6

集客力のアップへ

Go To Eatで

集客力のアップへ 経済

効果的なプロモを紹介

10月22日号

ビジネスに社会に新風を

ビジネスに社会に新風を 文化

相模女子大が起業講座

10月22日号

「やりたいこと」を実現

齊藤健志さん(相模原在住)

「やりたいこと」を実現 社会

西門第三図工室 室長を1年

10月22日号

手づくり競技で笑顔

手づくり競技で笑顔 社会

エクシオ社がレク行事

10月22日号

災害時のペット支援強化

災害時のペット支援強化 社会

市、民間と協定 物資提供へ

10月22日号

SC、終了間際に追いつく

サッカーJ3

SC、終了間際に追いつく スポーツ

讃岐と引き分け

10月22日号

あっとほーむデスク

  • 10月1日0:00更新

  • 9月24日0:00更新

  • 9月17日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク