さがみはら南区版 掲載号:2014年5月22日号 エリアトップへ

全国高等学校新体操選抜大会で女子個人総合1位を獲得した 桑村 美里さん 相模女子大高等部3年 17歳

掲載号:2014年5月22日号

  • LINE
  • hatena

強さと優しさで日々進化

 ○…ポーズをとり2、3秒。音楽が流れはじめると自然に体が次々と動き出す。約1分半、技を組み合わせながら最後のポーズへ。最高得点を出したフープをはじめ、ほか3種目ですべて上位3位以内に入り、個人総合優勝。初の全国1位の快挙に「驚きと嬉しさと半々です」とメダルを手にした瞬間を振り返る。屈託のない笑顔と対照的な、一つ一つ丁寧に紡ぎだす言葉とまっすぐな瞳が印象的だ。

 ○…鳥取県で生まれ、のち祖父母のいる岐阜県へ。幼少期を過ごし、小学生から横浜市青葉区へ。同区内で転校した先で、友だちに誘われて新体操に出会った。近隣のクラブ「町田RG」(町田市)で小学6年生から本格的に選手の道へ。幼少から始める人が多い中始動は遅いほうだったが、「それはあまり気にしなくて。技に挑戦して試合で成功する。その繰り返しでした」。まっすぐ新体操に打ち込んだ少女はみるみる頭角を現し、中学生では全日本ジュニア3位。全国大会の常連になっていった。

 ○…休みは「年末年始と学校のテスト休みくらい」というほど練習に励む日々。放課後に町田市周辺の小学校や体育館で3〜4時間のレッスンが日課だ。「今日やりたくないという日はあっても辞めたいと思ったことはないかな」。勉強面では苦手な文系を避けて理系に。特に”生活に結びつく雑学”を教えてくれた化学の授業が好きという。「本物のダイヤモンドの見分け方。冷蔵庫に入れると分かるんです!」

 ○…動きの美しさが重視される現在の新体操界にあって、自身は「個性を伸ばす方向」と独自路線を目指す。「アップテンポで明るい曲が得意」という個性を活かし、スピード感溢れる、誰にも真似できない演技を追求したいと意気込む。演技に臨む強い姿勢と相反して、もし休みができたら「鳥取、岐阜の祖父母に会いに行きたい」と答える優しい内面を持ち合わせて、表現はより進化されていく。
 

住まいの大相談会

5/18・19 相模大野ステーションスクエア3Fアトリウム広場

https://www.odakyu-chukai.com/branch/sagamiono/

<PR>

さがみはら南区版の人物風土記最新6

永保 固紀(もとのり)さん

2020年度市民文化表彰を受賞した

永保 固紀(もとのり)さん

中央区水郷田名在住 77歳

1月14日号

飯塚 侑さん

1月1日付で公益社団法人相模原青年会議所(相模原JC)の新理事長に就任した

飯塚 侑さん

緑区大島在住 36歳

1月7日号

秋山 太郎さん

4人組お笑いユニット「ガーリィレコードチャンネル」として活動する

秋山 太郎さん

南区相模台出身 28歳

1月1日号

でえぬのよすこさん(本名:米田好子)

ボランティアで培った歌唱を動画投稿サイト「ユーチューブ」で配信する

でえぬのよすこさん(本名:米田好子)

相模大野在住 79歳

12月10日号

大野 幸治さん

このたび相模原市少年鼓笛バンド連盟の会長に就任した

大野 幸治さん

旭町在住 49歳

11月26日号

草野 佑太さん

1月に発足したバスケットボールチーム「相模原プロセス」の代表を務める

草野 佑太さん

相模大野在住 23歳

11月19日号

あっとほーむデスク

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月10日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク