さがみはら南区版 掲載号:2014年6月19日号 エリアトップへ

中央区在住高校3年生 大岩さん「総合馬術」で優勝 愛馬信じ 初出場初

掲載号:2014年6月19日号

  • LINE
  • hatena
大岩さんとルップランド号(今大会/提供写真)
大岩さんとルップランド号(今大会/提供写真)

 第35回全日本ヤング/ジュニア総合馬術大会(公益社団法人日本馬術連盟主催)が5月16日から18日にかけて東京都世田谷区の日本中央競馬会馬事公苑で行われ、中央区東淵野辺在住の高校3年生、大岩桃子さん(17/八王子乗馬倶楽部所属)=人物風土記で紹介=がジュニアライダー選手権で優勝を果たした。

「彼を勝たせてあげたかった」

 大岩さんは小学生の頃から馬術に勤しみ、現在は八王子市にある高等学校の馬術部に所属。同部は併設する同倶楽部(八王子市丹木町)のサポートにより活動が行われており、アトランタ(1996年)、シドニー(00年)と2度のオリンピック出場経験(総合馬術)のある細野茂之氏も指導にあたっている。インターハイへの出場経験も豊富だ(最高で準優勝)。

 今回大岩さんが出場した「総合馬術」は馬場馬術、クロスカントリー、そして障害飛越と3種の競技の合計により順位が決められる。3日間の実施で、人馬とも体力と精神力が必要とされる。そのため「総合」をこなせる選手は数が限られ、今大会にもジュニアの部(14〜18歳)のエントリーは大岩さんを含め5組のみだった。  

 なお、クロスカントリー、障害飛越は減点法で得点が決まる。「規定時間の超過」「落馬」「逃避・拒否」などが減点対象となる。「しっかり走らせ、『1、2、3』でジャンプをさせるんです」(大岩さん)。馬のレベルが高いだけでは競技で勝てない。コントロールする選手の力も勝敗をわける。

 大会中、大岩さんは緊張から3日間ほとんど食事をとれなかったそう。

 1日目の馬場馬術は馬のきれいな形・姿勢が評価される。2日目は野外でのクロスカントリー。整備された箇所だけでなく、敷地内の様々なエリアがコースとなり、障害(110cm程度)をクリアしながらゴールをめざす。

 2日間終わった時点で大岩さんは暫定1位。しかし、3日目の障害飛越で、いきなり最初のバーに(馬が)足をひっかけて減点。焦る気持ちはあったが「馬を信じ続けました」。その後、2位の選手も障害減点とタイム減点があり、最終減点69・4で競技を終了。それに対し大岩さんは68・0。大会初出場で初の優勝を成し遂げた。

 「(騎乗した)ルップランド号も今まで優勝経験がなかったので、彼を勝たせてあげたかった」と愛馬への思いを話す。次の目標は12月に行われる高校生活最後の大会(関東高校自馬大会)での団体2連覇と個人優勝。最後に「もう馬と離れられない。将来は馬にかかわる仕事をしていきたいです」と笑顔で話してくれた。

馬との出会いは「麻溝公園のポニー教室」という大岩さん
馬との出会いは「麻溝公園のポニー教室」という大岩さん

住まいの大相談会

5/18・19 相模大野ステーションスクエア3Fアトリウム広場

https://www.odakyu-chukai.com/branch/sagamiono/

<PR>

さがみはら南区版のトップニュース最新6

新磯小 130周年祝い桜

新磯小 130周年祝い桜 教育

校庭に植樹

5月26日号

沖縄への思いそれぞれ

沖縄への思いそれぞれ 社会

返還50年、出身者に聞く

5月19日号

3年ぶりに有観客レース

ツアーオブジャパン

3年ぶりに有観客レース スポーツ

5月21日 市内を滑走

5月19日号

ステラ10周年切手を制作

日本郵便南関東支社

ステラ10周年切手を制作 スポーツ

NFPで贈呈式

5月12日号

南区から1人・1団体

春の褒章

南区から1人・1団体 社会

市内では2者のみ

5月12日号

12年で約2600人減

南区子どもの人口

12年で約2600人減 社会

3区の中では減少幅最小

5月5日号

あっとほーむデスク

  • 4月7日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook