さがみはら南区版 掲載号:2014年6月19日号 エリアトップへ

第35回全日本ヤング/ジュニア総合馬術大会(全日本総合馬術ジュニアライダー選手権)で優勝した 大岩 桃子さん 中央区東淵野辺在住 17歳

掲載号:2014年6月19日号

  • LINE
  • hatena

2人で嬉しいブルーリボン

 ○…「馬やってるんだ」「え?馬?」と、最初はいつも驚かれる。しかし写真をみせ、魅力を語っていくと、たいていその可愛らしさに気付いてもらえるそうだ。「最初はツンツンしているけど、話しかけたりしているうちに、だんだん懐いてくる」。馬術競技では馬に運動をしてもらうため、”言葉の通じない相棒”との信頼関係構築が大きな仕事だ。「考えていることが通じ合えたとき、いい結果が出るんです」。今回は優勝という最高の結果で表れた。

 ○…地元の小中学校を卒業し、現在は八王子市にある聖パウロ学園高校エンカレッジコースに通う。馬術部に所属し、14人の部員とともに日々校内の施設で練習に励む。馬との出会いは小学2年。相模原麻溝公園ふれあい動物広場で開かれているポニー教室に参加し、数日間にわたりポニーと触れ合い、動物と一緒に過ごす喜びを知った。その後、教室の延長で蓼科の牧場でのキャンプに参加。馬の世話や乗馬を楽しみ、その思いはさらに増していった。

 ○…小学3年生からは同広場のボランティアになり、ポニーの世話や教室の手伝いもするように。4年生になると乗馬クラブへ通いだし、馬術の競技大会へも出場。「馬漬けの日々。私から馬をとったら何も残りませんよ」。自分の部屋には、さすがにポスターは貼っていないものの、馬の写真はたくさんあるそう。

 ○…今大会は大好きな馬「ルップランド号」(10歳)と出場した。彼は北海道で生まれた元競走馬のサラブレッド。「大きい馬に負けたくない」。そして「(優勝するともらえる)ブルーリボンをあげたい」と強く思った。しかし、3日間にわたる大会は緊張の連続。最終日の障害ではいきなりのジャンプ失敗も。が、「最後まで諦めない」と競技中、彼にずっと声をかけ続け最後に粘りをみせ、大会初出場で初優勝。2人そろって「初」の喜びを手にした。「ご褒美に人参とリンゴをたくさんあげました」

住まいの大相談会

5/18・19 相模大野ステーションスクエア3Fアトリウム広場

https://www.odakyu-chukai.com/branch/sagamiono/

<PR>

さがみはら南区版の人物風土記最新6

石川 正典さん

130周年を記念して母校の新磯小学校に桜を寄贈した

石川 正典さん

新戸在住 56歳

5月26日号

渡辺 加代子さん

神奈川県看護協会相模原支部の支部長を務める

渡辺 加代子さん

渕野辺総合病院勤務 67歳

5月19日号

田野村 順子さん

保護司として春の褒章で藍綬褒章を受章した

田野村 順子さん

御園在住 75歳

5月12日号

杉山 信義さん

木もれびの森の花と木々を守る会の代表を務める

杉山 信義さん

中央区相模原在住 74歳

5月5日号

金子 光史(みつし)さん

知的障害者のためのアート活動グループ「フェイス・オブ・ワンダー」を主宰する

金子 光史(みつし)さん

古淵在住

4月28日号

土橋(つちはし) 美穂さん

市みんなのSDGs推進課が啓発用に作ったエコバッグにデザインが採用された

土橋(つちはし) 美穂さん

緑区中野在住 50歳

4月21日号

あっとほーむデスク

  • 4月7日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook