さがみはら南区版 掲載号:2014年7月24日号 エリアトップへ

中央区在住金野さん 毎日展で会員賞 県内から2人

文化

掲載号:2014年7月24日号

  • LINE
  • hatena
現在、国立新美術館に展示されている金野さんの作品『水』(242×61cm)=本人撮影
現在、国立新美術館に展示されている金野さんの作品『水』(242×61cm)=本人撮影

 中央区相模原在住の金野(こんの)美和子(みわこ)さん(52)=人物風土記で紹介=が、第66回「毎日書道展」(毎日新聞社・毎日書道会主催)のかなの部門で、会員賞に選ばれた。同賞受賞者は全国で26人。県内では金野さんを含めて2人。

 金野さんは、現代女流かな書の第一人者とされる熊谷(くまがい)恒子(つねこ)さんの弟子、山崎(やまざき)暁子(きょうこ)さんに師事し、25年前から本格的に書を始めた。今回は、明治生まれの歌人、斎藤茂吉の短歌を題材にした作品『水』を出品。「一気呵成(いっきかせい)に行を貫く呼吸を感じる。全体に漂う叙情性は、線の柔軟さと巧みな墨色、墨量の変化のたまものか」(松井玉箏(ぎょくそう)氏)と評価を受けた。金野さんは受賞について、「もっと書の勉強を続けて良いというお許しをもらったということだと思っております」と話した。

 毎日書道展は、書道文化の向上と書道芸術の相互練磨のため1948年に「全日本書道展」として始まった。漢字・かな・篆刻(てんこく)など7分野9部門を結集した書の総合展で、日本最大規模の公募書道展として知られている。51年に現在の毎日書道展へと改称された。

 金野さんの作品は、8月3日(日)まで国立新美術館(東京都港区)で展示されている。詳細は毎日書道会ホームページ(http://www.mainichishodo.org)を参照。

住まいの大相談会

5/18・19 相模大野ステーションスクエア3Fアトリウム広場

https://www.odakyu-chukai.com/branch/sagamiono/

<PR>

さがみはら南区版のローカルニュース最新6

相模原の「司法」を考える

【1】序章 連載

相模原の「司法」を考える 社会

寄稿 大谷豊弁護士

1月28日号

SC相模原 シーズン開幕に向け始動 J2初戦まで1カ月

コロナ禍、介護者用緊急引継ぎシート「ケアラーのバトン」改訂

SC相模原の選手起用、薬物乱用防止啓発ポスター作成

【Web限定記事】

SC相模原の選手起用、薬物乱用防止啓発ポスター作成 社会

相模原市と(公社)相模原市薬剤師会が協働

1月28日号

川柳募集

川柳募集 文化

1月28日号

相模原市南区の相模女子大学グリーンホールで成人式

あっとほーむデスク

  • 1月28日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク