さがみはら南区版 掲載号:2014年8月21日号 エリアトップへ

9月1日からカフェで個展を開く、画家の でるもなかさん 相模台在住 52歳

掲載号:2014年8月21日号

  • LINE
  • hatena

憧れのブルーな世界

 ○…それまでは色鉛筆のみを使う画風だった。「絵具に比べて手軽なので。ちまちま描くのも好きですし」。B1サイズに3カ月近くを費やしていた。5年ほど前、アクリルガッシュ(絵具)を使う現在の手法に変わった。お気に入りの色鉛筆が生産中止になったのがきっかけだった。イラストレーターの妻の薦めでガッシュを手にした。すると、目が覚めるような明るいブルーが全面的にでるように。「それまでは『俺の世界』だったけど、ガッシュで『ウェルカム』な感じになりました」(妻・ゆうこさん談)

 ○…「若いうちは歌手願望もありましたが、ハイトーンを無理しすぎて…」。喉をこわし断念。29歳の時、趣味で合唱団に入団。その団による演奏会冊子のデザインを任され、絵と真剣に向いあうこととなる。鉛筆で『廃墟にワンピースの女の子が立つ姿』を描き、それが好評で(色)鉛筆画にのめり込む。大きなキャンバスを使い、線の重なり、強弱だけでいくつものファンタジーな世界を表現した。

 ○…20代の頃、色々な夏の海をフィルムに収めた。現在の作品によく見られる青色はその独特な色彩から「でるもなかブルー」とも言われているそう。「基本的には絵具をあまり混ぜることはしません。色合いが鈍くなるので」。複数の市販の青色の配置が「そのブルー」を作り出す。「子どもの頃は内向的で、夏でも家の中で車の絵を描いていたり。20代、30代は逆に、海への憧れが強くなりましたね」

 ○…今ではトレードマークでもある髭。「最初はおっさん臭くて嫌でしたが、剃ってみても結局おっさん臭くて」。日中は着物のしみ抜きの仕事をこなす。「絵柄を直すこともあるので、絵心がないとうまくできませんよ」。夜は画家に。頭の中のイメージを具現化させていく。「徐々に画家業の比率が高くなっていくといいですね。まずは地元の人に知ってもらいたい」。相模台のカフェに来月1カ月間、作品が展示される。
 

住まいの大相談会

5/18・19 相模大野ステーションスクエア3Fアトリウム広場

https://www.odakyu-chukai.com/branch/sagamiono/

<PR>

さがみはら南区版の人物風土記最新6

伊勢 真一さん

相模女子大学グリーンホールで上映される『えんとこの歌』を監督した

伊勢 真一さん

町田市在住 71歳

2月27日号

北野 誠さん

女子サッカーチーム・ノジマステラ神奈川相模原の監督に就任した

北野 誠さん

町田市在住 52歳

2月20日号

小方 颯(そう)さん

競泳個人メドレーで1年生ながら高校総体2冠、国体優勝など目覚ましい活躍を見せる

小方 颯(そう)さん

緑区東橋本在住 16歳

2月13日号

牧瀬 稔さん

「シビックプライドの推進に関する検討委員会」の委員長を務める

牧瀬 稔さん

緑区橋本在住 45歳

2月6日号

倉木 健治さん

ローイングチーム「湖猿」の代表として東京パラ代表候補を指導する

倉木 健治さん

愛川町在住 37歳

1月23日号

佐竹 輝子さん

相武台団地商店街の「ひばりカフェ」オーナーとして地域活性化に尽力する

佐竹 輝子さん

座間市広野台在住 68歳

1月16日号

市川 雄士さん

公益社団法人相模原青年会議所(相模原JC)2020年度の新理事長に就任した

市川 雄士さん

緑区在住 36歳

1月9日号

あっとほーむデスク

  • 2月20日0:00更新

  • 2月13日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月27日号

お問い合わせ

外部リンク