さがみはら南区版 掲載号:2014年12月11日号 エリアトップへ

避難者交流会「生きる励みに」 相模原市、町田市合同で初開催

社会

掲載号:2014年12月11日号

  • LINE
  • hatena
交流会では避難者同士や被災県職員との懇談のほか、介護相談なども行われた=11月28日、南区相模大野
交流会では避難者同士や被災県職員との懇談のほか、介護相談なども行われた=11月28日、南区相模大野

 東日本大震災で避難を余儀なくされ、現在も相模原市内で生活を送る人たちと、同じく町田市で生活する人たちによる交流会が11月28日、南区相模大野で行われた。

 岩手、宮城、福島の3県から避難し相模原市、町田市に住む20人を集め行われた。福島県南相馬市の小高区から避難し、現在は南区東林間に住む猪狩克允さん(83歳)は、市内の交流会には初めて参加。取材に対し猪狩さんは、「正直にいうと、ここまで避難生活が長くなるとは思わなかった」と率直に話し、「(市の関係者らに)お世話になっているし、皆が明るく過ごそうと思っていると思う。同郷の人と話すと生きる励みになるし、頑張っていける。今後も会を続けてもらえたら」と交流会の広がりを求めた。今回の会は近隣市との交流とはいえ初対面がほとんど。中には、福島で近所付き合いだった人同士が初めて再会を果たすといったケースもあった。

今も380人

 震災による相模原市内への避難者は、今年10月28日現在で380人に及ぶ。市は、2011年秋から避難者交流の場を合計6回設けている。今回は町田市に避難し生活する人たちが自ら結成した会「東北の絆 サロンFMI会」に相模原市の担当者が共催での交流会を打診。近隣市で機会の拡大を望む同会の意向と合致し、快諾を得たことから、開催に至った。
 

住まいの大相談会

5/18・19 相模大野ステーションスクエア3Fアトリウム広場

https://www.odakyu-chukai.com/branch/sagamiono/

<PR>

さがみはら南区版のトップニュース最新6

外出自粛「強く要請」

緊急事態宣言市対応

外出自粛「強く要請」 社会

公民館など134施設休止

1月14日号

「安全安心の五輪やりきる」

新春知事インタビュー

「安全安心の五輪やりきる」 政治

感染防止へマスク会食も訴え

1月7日号

コロナ禍の「新しい成人式」

コロナ禍の「新しい成人式」 文化

分散開催 生中継も

1月7日号

チーム全員で「完全優勝」へ

青山学院大学

チーム全員で「完全優勝」へ スポーツ

箱根駅伝で絆つなぐ

1月1日号

SC相模原 悲願のJ2

SC相模原 悲願のJ2 スポーツ

最終節で昇格争い制す

1月1日号

新時代 生活基盤を最優先

市長インタビュー

新時代 生活基盤を最優先 政治

新型コロナ対応に全力

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月10日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク